Golden Time

時はお金で買えません

【エースをねらえ!】描かれる女性像

「エースをねらえ!」で描かれる女性像を、特にひろみに着目して考えてみる。ただし、少し身に余る内容なので、現時点では内容掘り下げは、全く不完全です。 ひろみの行動パターン ひろみの基本思考(マンガ中の必勝パターン) ひろみの母の挙げたパターン …

【エースをねらえ!】守破離について

日本の茶道・武道には「守破離」という言葉がある。 区分 内容 守 基本を忠実に守る段階 破 基本を臨機応変に破っていく段階 離 基本から解放されより自然な状態となる段階 「エースをねらえ!」においても、これはちゃんと踏襲されている。 「エースをねら…

【エースをねらえ!】理由を言わない男たち

ひろみを取り巻く男たちは、本当に何も言わずに行動する。不言実行ということだが、自分のために動くのであればそれは構わないが、他者のために動くなであれば、それは全く迷惑なことである。 勝手に盗撮して、勝手に写真コンテストに応募して、勝手に入賞し…

【エースをねらえ!】岡家の謎

岡ひろみは一人っ子であり、父は岡造園事務所の経営、母は専業主婦(多分)。この家族、なかなか謎である。 娘の成果に対し冷静なのは良いが冷静すぎる コーチの過剰な関わりに対し冷静 コメディリリーフ的キャラクターかと思いきや ゴエモン ひろみのお母さ…

【エースをねらえ!】ハラスメントについて

このマンガ、現代の視点で見るとハラスメントや迷惑行為のオンパレードである。 宗方コーチのハラスメント 体罰 セクハラ 脅迫強要 パワハラ お蝶夫人のハラスメント 千葉ちゃんのハラスメント 藤堂さんのハラスメント 岡ひろみのハラスメント 宗方コーチの…

【エースをねらえ!】第18巻 あこがれのウインブルドンへ!の巻

真の最終巻である。 表紙の異変 ゴエモン的なネコ 開始早々の存在感ある人 優勝後の公式行事は全てキャンセル 優勝後の祝勝会はもやしラーメン 千葉ちゃん 前を歩いていた先輩ふたり 影の薄い同級生 神谷君の教育係 お蝶夫人の脱落 記者魂 千葉ちゃん お蝶夫…

【エースをねらえ!】第17巻 国際試合で初優勝!の巻

おおっ!ひろみは藤堂と同じ方向を見て、笑っているぞ! 表紙の異変 宗方コーチと藤堂 バレエのような 神谷くんに難題ふっかける人たち 岡造園事務所の娘 唐突なお嫁さん話 スパイの裏をかくひろみと桂コーチ 表紙の異変 これまで表紙ではひろみは一切笑って…