Golden Time

時はお金で買えません

【エースをねらえ!】ストーリー上の主人公は誰か

「エースをねらえ!」は、単純化すれば1人の女性の成功譚となる。主人公はこの場合、岡ひろみである。この場合というより、「エースをねらえ!」の主人公は岡ひろみに決まっている。しかし、岡ひろみの成功過程を見ると、それよりも別な側面が目につく。 1…

【エースをねらえ!】音羽さんとは誰なのか

「エースをねらえ!」においては、岡ひろみに関わる同世代のテニス人は、全て自らの能力の限界を、ひろみにより知らされる。これは、お蝶夫人も藤堂も例外なく、というか、お蝶夫人と藤堂が能力の限界を悟ることが一番丁寧に描かれている。「エースをねらえ…

【エースをねらえ!】藤堂幼馴染の文生ちゃん

第13巻127ページで初登場する独特な髪型の幼馴染の織田文生(あやき)ちゃん。 彼女はテニスにおいても恋においても、ひろみのライバルになりうるキャラクターであったのに、物語の展開の中、埋もれ淘汰されてしまった。残念なことである。 貴おにいち…

【エースをねらえ!】お蝶夫人とは誰なのか

「エースをねらえ!」…岡ひろみが、本人のみでなく周りの誰も気づかなかった才能を宗方コーチが見出し、色々ありながらも世界に通用するテニスプレイヤーに育っていく話。これ、主人公は、ひろみでも宗方コーチでもなく、お蝶夫人だと言って信じてくれる人は…

【エースをねらえ!】自滅する宝力さん

第8巻での話。 宝力さんが何故そのような道を歩まねばならないのかが分からない。 「エースをねらえ!」の登場人物の中に、努力のいらない、生まれながらの天才がいても良いのにと思う。 宝力さんの能力 結局、学年的にはひろみと同じ。お蝶夫人や蘭子とは…

【エースをねらえ!】表紙に描かれる人について考える

「エースをねらえ!」は全18巻である。それぞれの表紙に描かれた人について考えてみる。 各巻で描かれた人 桂コーチが表紙にいないこと 表紙に登場する人とタイミング 第1部と第2部 表紙は依存を表しているのか? 各巻で描かれた人 巻数 描か 1 ひろみ…

【エースをねらえ!】藤堂からもらったメダルの行方

藤堂からもらったメダルは、その後どうなったのか。 総論 貰った時期 第12巻ベル・ブラウン戦 第13巻メンバー選手として参加の試合 第16巻表紙 最終第18巻 総論 ひろみは、藤堂からメダルをもらうまで、ペンダントの類は着用していない。これを前提…