Golden Time

時はお金で買えません

カムカムエヴリバディ

【カムカムエヴリバディ】振り返り

カムカムの3世代ヒロインは、仕事面ではあまり挫折なく成功を収めるが、恋愛面では、想いは成就しながらも、それぞれが異なった苦しみを味わっている。 安子と稔の子孫は自らの道で成功する るいは回転焼屋で一家を支え、ひなたはハリウッドで映画のキャステ…

【カムカムエヴリバディ】最終週 2003-2025

ついに最後の週。クリスマスフェスティバル以外の何かをクライマックスとして終わるのか、クライマックスの後にクールダウン的な後日談があるのかと思ったが、後日談ぽいのが最終週のオープニング曲が流れる前に毎回出てきて面食らうことになる。最終回のみ…

【カムカムエヴリバディ】第22週 2001-2003

五十嵐がめちゃくちゃカッコ良くなって(但しひなた目線)、再登場したけれど…な感じで、もう五十嵐の登場は終わりかなになった。 一方、アニーの安子度が少しずつではあるが回を追うごとに高まっている。今週の最後第107話には、ほぼ確定と言える状況。 epi…

【カムカムエヴリバディ】第21週 1994-2001

ストーリーはどんどん先に進む。 『ディッパーマウスブルース』で、トミーに会い、ジョーがステージに再度立つ覚悟を示し、トミーのステージのポスターにジョーの名前も出る。そして、あっという間にるいとジョーは、トミーのバンドに伴ってアメリカへ行き……

【カムカムエヴリバディ】第20週 1993-1994

先週からの続き。ジョーがトランペットを構えるも吹けないところから始まり、るいがアメリカに行きたいと言うところで終わるこの流れ。『カムカム』が閉幕に向かって怒涛のクロージングモードに入った。まだ放送予定時間はある。最終回までに五十嵐との再会…

【カムカムエヴリバディ】第19週 1992-1993

週の頭は、恋に愛に登場人物の色々な話が出て来る。ひなたと五十嵐、桃太郎と小夜子、破天荒将軍と美咲すみれ、榊原と美咲すみれ、小夜子と吉之丞、一恵と榊原もかな?月曜日は、『愛は勝つ』も流れていたのに、週が進むにつれ、ひなたも桃太郎も榊原までも…

【カムカムエヴリバディ】第18週 1984-1992

今週は、一気に1984年から1992年までと8年間飛ばす週。しかし、最初の第83話は、1話使って1日も描いていない。何という時間配分なのだ。続く第84話も相変わらずの1984年夏を描き余り進まない。 結局、第18週は、五十嵐が、オーディションで大役ではないがセ…

【カムカムエヴリバディ】第17週 1983-1984

週の初めの月曜回から、五十嵐とひなたが対立から並走に変わった。先週金曜の回で打ち解ける気配があったが、週が明けたらもう確実に氷解モード。ドラマの流れの切り替えに、土日を間に挟む技を効果的に使うという、連続テレビ小説ならではの演出。ついでに…

【カムカムエヴリバディ】職業の選択、家の事情

三世代が描かれているため、そこに何らかの共通点、差異を探したくなるのは、考察好きなら仕方がない。ここでは、3人の職業の選択とそれに影響を及ぼしたと思われる家の事情を見てみたい。 職業選択の動機 安子 当初は生きるために芋飴から始まり、後に家業…

【カムカムエヴリバディ】第16週 1983

ひなたの人生で大切な年なので、1週間で1年のというより、一夏のエピソードを描く。確かに高校三年生の夏休みは、多くの視聴者にとっても大切でドラマティックな年である/であったはずである。 episode 073 (2月14日) お母ちゃんは、ひなたのために言うてん…

【カムカムエヴリバディ】第15週 1976-1983

るいは英語再開?ひなたは初挑戦!…な感じでのスタートだったが、結局、英語は添え物で終わった感じ。るいが積極的に英語学習に関わる感じでもなかったし。3世代が同じものに興味を持つ訳では無いだろうし、そもそも世代間で20年程度ずつ離れていれば、時代…

【カムカムエヴリバディ】第14週 1965-1976

高度成長真っ只中…というか、今週は、11年分か。ひなた誕生年の1965年は一瞬で通過して、既に小学生になっている。ジョーは京都に来た頃と変わらない感じだが、直接的なトランペットのストーリーはなく、思いついたメロディーを書き留めるシーンと『およげ!…

【カムカムエヴリバディ】第13週 1964-1965

卒業がテーマの週かな。ベリーさんは、卒論仕上げたり、卒業式用のスーツをクリーニングとして持ってきたり、実家に帰り、挙げ句の果てに結婚式の話まで出てくる。ジョーの方は、相変わらずトランペットが吹けない内に、ビートルズが台頭して、ジャズが衰退…

【カムカムエヴリバディ】第12週 1963-1964

るいの人生を変える年だからか、第8週から続く1962年からの出来事は、第12週になってもまだ1963-1964年と濃く描かれている。ジョーとの出会いの与えるインパクトはそれだけ大きいということか。 episode 053 (1月17日) 希望フラグ ジョーの夢の中身と実現可…

【カムカムエヴリバディ】第11週 1962-1963

まだまだ続く1963年。長い夏、長い夏祭り。この1年の重要さは、るいが大阪で安子と暮らした日々より濃いのかもしれない。 1963年はルイ・アームストロングが来日している年であるし、翌1964年にも来日している。ジョーが上京することになり、るいが付いて行…

【カムカムエヴリバディ】コーヒーの結ぶ縁いろいろ

『カムカム』では、英語と並び重要なキーアイテムとなっているのがコーヒー。このコーヒーについて現時点で気づいたことをまとめてみた。 「ディッパーマウスブルース」は定一が戦中戦後守った喫茶店 ここは安子が初めてコーヒーを飲んだ店であり、るいが初…

【カムカムエヴリバディ】第10週 1962

放送日は年が明けて、本命?のジョーが本気出してきた。しかしドラマの中では1962年はまだまだ続く。るいにとって、母と別れてからこれまでの人生の中で一、二を争う濃い年なのだろう。しかし、るいの人生で一番大切な年は、本人は覚えていないだろうが、生…

【カムカムエヴリバディ】女性が学ぶことの物語

『カムカム』は、三世代、100年間の歴史を通じた女性の教育機会・環境の変化をテーマにしているのではないだろうか。安子の英語熱、るいの読書熱に着目してみると、知的好奇心の強い女性が時代に応じて生きていく姿を描いていると言えそう。そして三世代…

【カムカムエヴリバディ】第9週 1962

なんとなく、カムカムは三世代のヒロインを軸に女性の教育問題、特に自ら学ぼうとする好奇心に対する世間の反応を扱う物語ではないかと思えている。稔と安子の学びの血を引くるいが何をしていくのだろうという視点でこれから見ていこうと考えています。 今週…

【カムカムエヴリバディ】第8週 1951-1962

第8週開始前:安子が、ちょっとどころではなく自分のことしか考えない人間であることが遂に露呈する週なのかな? 第8週終了後:想像以上にそうだった。 episode 036 (12月20日) 野球に絡め過ぎる勇 察しの良過ぎるきぬちゃん 算太が信用金庫に行くための背広…

【カムカムエヴリバディ】第7週 1948-1951

クリスマスと言えばサンタ。算太が岡山の街にやってきた。 episode 031 (12月13日) いきなりの算太 人の悪い雪衣さん 戦地のシーン 千吉に兵役を労われる真面目な口調の算太 本心を美都里に看破される軽いノリの算太 美都里の優しさ ダンスの仕事を探すのか…

【カムカムエヴリバディ】第6週 1948

今週は先週の1945年から少し時間が開いて、1948年をじっくりやるということか。1年を週を通じて描くのは『カムカムエヴリバディ』では初めて。 この第6週は、岡山に戻るところから始まり、米国扱いの米軍建物内で終わる。移動してきて、また違うところへ行…

【カムカムエヴリバディ】第5週 1946-1948

戦争の悲劇から日本という国としても、安子という個人としても立ち直る過程に突入したのだが、前者はともかく後者の展開はどうなるのか全く読めない。 登場人物の行動について、現代の人の視点で見たらダメなことも、当時なら常識どころか良い行いだったりす…

【カムカムエヴリバディ】第4週 1943-1945

戦争が終わると言うことは、街で暮らす人々の生活の何が終わり、何が始まるということなのかを淡々と描いていく週。 episode 016 (11月22日) 義姉さんと呼ぶ勇 お腹の赤ちゃんが蹴った 稔は横須賀で訓練 男の子?おなごの子? 命名 るい 義母が家畜米英と叫…

【カムカムエヴリバディ】第3週 1942-1943

ついに戦時中になった。1942年から1943年と、戦況は、躍進し落ち目になり始めるところを描くのか。しかし終戦までは描かない。戦争がどうなるか分かっているだけに、今週来週は胃が痛くなる展開なのだろう。再来週には戦争は終わるのかな。親たちが子供たち…

【カムカムエヴリバディ】第2週 1939-1941

第二週は、太平洋戦争突入迄の2年間。時代は確実に変わっていく。これを、祖父のタバコがチェリーから桜へという、『カムカムエヴリバディ』らしい英語を絡ませた形で見せてくれる。 episode 006 (11月8日) デートの約束 甲子園出れたらその時言うわ episod…

【カムカムエヴリバディ】第1週 1925-1939

いい感じに始まった。安子と共にこのドラマの主役となるラジオを上手い形で登場させている。 episode 001 (11月1日) 算太という兄の名前 時代性というかなんというか episode 002 (11月2日) episode 003 (11月3日) 赤螺の一人息子の大物感 ツイていない安子 …