Golden Time

時はお金で買えません

レンアイ漫画家

【レンアイ漫画家】最終回 謎展開の連続に困惑

刈部の人格改変的なスタート。最終回でこういうのやってこられると、脳が停止する。ついていかなきゃと思っている間に時間切れ。こんな最終回あるのか…という感じ。 ギャップ… 別人格かというレベルで変わってしまったように見える人たち。主人公の刈部の変…

【レンアイ漫画家】第10話 逆に痛々しいし罪を背負った刈部

ツンデレではないけれど、初期の刈部と今とのギャップは見ていて清々しい…のだが、初期にやってた疑似恋愛の命令という悪事が酷すぎて、清々しさは消えてしまう。 何故か2人を応援する金條と早瀬 金條はともかく、早瀬が刈部とあいこが付き合い始めたことを…

【レンアイ漫画家】第9話 ラブコメの許容範囲を攻めてる感じが好印象

刈部とあいこのキスのその後…を余り描かなかったのもったいない。ラブコメの王道を歩んでいける美味しいシチュエーションなのに。それをパスして、刈部まりあの正体発覚話に行くのは、第8話のキスが無駄に消費されたように見えて残念。ストーリーの重大な転…

【レンアイ漫画家】第8話 盛り上がりなくくっつく二人

同居している人に、恋愛感情を抱き、告白してしまうというのは、肉体関係に至らなくても、他の意味で一線を越えると言うやつだ。あいこ、やっちゃったな。恋愛できないと言っていた刈部までその気になっちゃってるし。 参った! これが告白された時に出る言…

【レンアイ漫画家】第7話 擬似ラブコメから普通のラブコメになった!

ようやく普通のラブコメになってきた。ご都合主義的エピソード満載でも、今ならば、これぞラブコメと許容できてしまう。要は、恋愛要素を疑似恋愛の形で外に求める限り、ラブコメらしさも疑似になっていたということ。 喧嘩の和解の仕方が家族っぽい 帰って…

【レンアイ漫画家】第6話 都合の良いコマ扱いの可憐と早瀬

色々と騒動は起きているが、あまり本質的なことはなく、単に騒いでいるだけの感じ。ドラマは折り返しだが、このまま騒いで終わってしまうのだろうか。こういうの、日常系やいつ打ち切りになるかもしれない連載漫画なら理解できるが、『レンアイ漫画家』は、…

【レンアイ漫画家】第5話 折返し地点に姉るりこ登場!

第5話はドラマの折り返し地点ということで、あいこの姉、るりこさんがその役を買って出てきたか。 あいこと姉るりこ 藍と瑠璃…共に紫がかった青色で、名付けにおける発想が姉妹に対して同じである。ところで、他の主要登場人物で青・紫系の名前がついている…

【レンアイ漫画家】第4話 守備に弱い刈部

これまで強気に出てきた刈部だが、同居により一気に守勢に回ってきてるの、ようやくラブコメらしいラブコメが始まる感じがして良い…とも言えるが、陳腐なラブコメに堕ちる可能性もあるな…と思ったが、これまでが陳腐ではないが、かなり酷い展開だったとも言…

【レンアイ漫画家】第3話 結局見てしまうドラマ

イケメン男性俳優カタログの様相となっているこのドラマ。その点は良い。もはや設定上の鬼畜さを忘れてしまいそうに度々なるが、やはり基本設計で、お金のために会話するというのは、本能的に受け入れられない。 次こそ目指せ百万円 そういう問題ではない。…

【レンアイ漫画家】第2話 人情噺に見せかけた鬼畜の所業

奇想天外なコメディなのかと思ったら、かなりの人情ものだった…んだけど、結局、あいこはお金のために恋人を振ったことになる。しかも結果としては、恋も百万円も手に入れられなかったと。あいこは、お金のためだけではなく、銀河天使に貢献すると言う仕事に…

【レンアイ漫画家】ギブアンドテイクがキーワード

シリアスで始まるコメディタイトルのドラマ なんか不思議なトーンではある。あっさりとパワハラ、セクハラ的な問題なことをたくさん描いている。このドラマのトーンが、シリアスとコメディのどちらともつかない中途半端なのが原因だと思う。これ、ほんと不思…