Golden Time

時はお金で買えません

婚姻届に判を捺しただけですが

【婚姻届に判を捺しただけですが】第10話 最終回 いまさらマウントを取りに励む明葉

めでたしめでたしみたいなオープニングで面食らった。これ、普通ならラストシーンじゃん。何で最終回の冒頭でこれやるの?…と思ったら、相思相愛を確認した途端に主人公明葉が百瀬に対しマウントを取りにかかるのか。そういえば第一話の時の明葉のキャラはこ…

【婚姻届に判を捺しただけですが】第9話 観てる方も疲れる百瀬の遠回りの告白

コメディなのに最終回近くになるとシリアス展開になるのは何故なのか…と大抵のラブコメでは思うのだが、『ハンオシ』のシリアス展開はちゃんとコメディを保ったままのシリアス。交通事故になったり、病に倒れたりしない。これはクオリティの高いコメディにお…

【婚姻届に判を捺しただけですが】第8話 百瀬の気持ちはやはり理解できない

主人公明葉役の清野菜名氏の妊娠という制約がある中、ストーリーがまとまっているのすごい気がする。逆にこの制約がなかったらドラマとしては逆にハチャメチャになって破綻したかもという気がする。何か不思議な感じ。とはいえ素晴らしいストーリーというわ…

【婚姻届に判を捺しただけですが】第7話 ジェネリックとはよく言った

今回は主人公を放っておいて話が展開する回。これにはドラマの外のおめでたい大人の事情があるから仕方ないけれど、ドラマ全体のストーリーが何か妙な方向に向かっている感じがしないでもない。しかし最終回が近づいたからといってラブコメなのに変なシリア…

【婚姻届に判を捺しただけですが】第6話 愛情の芽生え

明葉に続き、百瀬にも愛情が芽生えてきた様な展開。互いに魅かれはじめている。他人から見たら夫婦なので変な話だが、偽装結構だから仕方ない。 偽装結婚を引き延ばす工夫 返済期間を引き延ばすために返済金額を減らす…というシンプルな作戦を考え実践してき…

【婚姻届に判を捺しただけですが】第5話 百瀬柊と兄旭はやはり兄弟だなぁという回

ドラマ全体としては、前半の騒動である兄夫婦の離婚騒動が一応の決着を見る。これで後半突入となるのだが、どんな騒動が待ち受けているのだろう。兄夫婦の騒動以外の騒動はどうやって起きるのか興味がある。 百瀬と兄の旭は外見からキャラクターから全く違う…

【婚姻届に判を捺しただけですが】第4話 偽装妻なのか女友達なのかで同じ相手でも態度が激変する男

友達ならば、異性でもズカズカと相手のプライベートスペースに入っても良い。という百瀬の考え方。ダメではないが一般的ではないと思うので、百瀬が、説明なしにいきなり近距離接近してきたら、明葉はどうすれば良いか戸惑うのは当然。そういう点に配慮がな…

【婚姻届に判を捺しただけですが】第3話 百瀬が白馬の王子になって急展開

何かすれ違いコメディぽくしているようだが…偽装結婚下でのすれ違いなので、素直さが無くて邪悪さの中のすれ違いに感じてしまう。主人公が基本的に自己中心的かつ気まぐれな感じなので、共感できない。このため、すれ違いが笑えないものになってしまっている…

【婚姻届に判を捺しただけですが】第2話 コメディ要素がもっと欲しい

何というか、第2話もシリアステイストが空回りしている感じ。シリアス展開で主人公がしかめっ面しているコメディなのに、コメディ要素が甘い感じで、笑えないドラマに仕上がっている。もっと笑わせて。 「妻をやっている」 オープニングにおける明葉のモノ…

【婚姻届に判を捺しただけですが】第1話 ラブコメなのですよね?違うのかな?

なんというか、突拍子もない設定説明に終始していて着いていくのが精一杯の第1話だった。これ、ラブコメなのだよね。意外性の初回と言うには色々ハラスメント要素多くてブラックコメディに見えてしまう。なんというか画面が光に満ちていても描かれる内容に…