Golden Time

時はお金で買えません

彼女はきれいだった

【彼女はキレイだった】最終話 誰もがそれぞれの人生を選ぶ

各人が決断をして前に進むところまで描きつつ、樋口と梨沙は、やはり簡単には癒やされない深い傷を負ったということもちゃんと描き、全てが楽天主義的でないところも良かった。ラブコメとして大満足の最終回だった。 どうせいつかはバレる。だったら最初に出…

【彼女はキレイだった】第9話 あっちはこの人でこっちはあの人

最終回前にたくさん秘密を明かしてくれたの良いわ。次回は最終回だからもうなんでもありなの分かっているので、大団円間違いなしだね。 過労で運ばれる宗介と付き添う愛 水分より愛を補給したいらしい宗介。意識戻った朝にいきなり抱きついてキスなのか。し…

【彼女はキレイだった】第8話 いざ鎌倉みたいに編集部が再結集

雨降って地固まるではないが、編集部員と宗介の関係は一度急激に離れたが、最終的に以前より近くなった。しかしそれでめでたしめでたしというわけでもなく、廃刊の危機は残ったまま。これを乗り越えて最終回なのかな? キスから始まる真の再会 いきなり謝り…

【彼女はキレイだった】第7話 1つの恋が成就した裏で2つの恋が破れた

デレも過ぎればうるさく思える。宗介が告白するまでの間の言葉が多すぎる。デレすぎてダレている。さっさと「君が好きだ」と言えば良いのにと思う。仕事で砂時計使って「ハイ次!」とか言ってた同じ人とは思えない。 聞かなきゃいけないことを聞かない宗介 …

【彼女はキレイだった】第6話 混乱を表に出さない宗介かわいい

宗介の中の愛の比重が高まってきているはずだが、独白がないので今の宗介が何を考えているのかはわからない。宗介の性格上、平気な顔をしているが、相当混乱していると思う。早く楽にしてあげてくれと思うくらいに。 今回も、愛は宗介にキャラメルを渡した。…

【彼女はキレイだった】第5話 廃刊の危機が近づくが、それより告白するのかしないのかが気になる

まあ、ありがちな"正体を告白しそうで、できてない"というの、2回目。まあ、ラブコメだからそんなもんか。しかも結構重要なシーンに見せて、その回のラストを中途半端に終わらせといて、次の回の頭でサクッと切り上げられているのも定番だけど、今回のは…

【彼女はキレイだった】第4話 全ては飾り用タマネギに収斂する

本人はまだ気づいていないようだが、もう完全に愛の虜になってる宗介。ちょっと早い気もするが、それもまた良し。ただし、カフェで前が見えないくらいの高さの荷物を持つ愛を助けるため、愛の進路を邪魔しないように障害物を動かす宗介はちょっとやりすぎ。 …

【彼女はキレイだった】第3話 デレる前に人格を認めることから入る真面目な宗介

酒にまつわる愛と宗介の失敗談2本立て。宗介の方は、失敗というより事故だけれど。宗介は酒を飲めないことを直接言わず、仕事があるからと言って誤魔化して進めようとしたが、これが仇となり即寝に。しかしこれは危険なこと。ちゃんとアルコールが飲めない…

【彼女はキレイだった】第2話 ツンの終焉、デレの始まり

宗介はまだまだツンタイムでスタート、しかし、愛は最後にとんでもない爆弾を投下する。展開は速い。しかし、速過ぎて何が何だかわからない可能性がある。次回第3話で、何で宗介そんなにデレてるの?あなたの頭の中で何が起こったの?となるの予感してる。 …

【彼女はキレイだった】第1話 ハラスメントが目立つ演出

テンポよく話は進んで上々の滑り出しだが、ハラスメント行為が所々に織り込まれているのは、無意識ではなく意図的演出ではあろうが、これが続くようなら見ていて辛い。コメディなのだからハラスメントで笑いを取ることはできない。 分かりやすい容姿差別 「…