Golden Time

時はお金で買えません

【35歳の少女】今村達也のTシャツからのメッセージ


父進次の再婚相手の連れ子、達也。望美の義理の弟に当たる。現在引きこもり中で、世間から離れているという点では、望美と似た境遇。もちろんこちらはスマホも使いこなす。両親に遭わないために、キッチンに来るときは母親にメールをしてから降りてくるルールを定めて守る。これは達也は達也なりに気を使っているとも言える。また、達也の着るTシャツは、漢字1文字が書かれており、これは何かのメッセージと取れるかもしれない。

Tシャツの文字

どう見ても意味深な達也のTシャツの言葉。

第1話

【絆】初登場時、冷凍食品取りに来た際に着用。この「きずな」の意味は現時点ではわからない。但し、進次が妻加奈に、離婚した元妻の下にいる望美のことを話していた際に着ていることから、この絆の意味は、おおよそ「離婚した家族のことは忘れろ!今の家族の絆を高めろ!」というメッセージか、「離れても血が繋がっているなら父娘だろ!父娘の絆を忘れるな!」の真逆ではあるが、このいずれかであろう。

【誠】父進次が、望美との夕食会後、自宅でビールを煽っていたところに達也がダイニングに入って来た時に着用。この意味は現時点では全く推測できない。誠が、誠意を指すのか、本当のことを指すのかさえ手がかりなく分からない。望美に誠意を尽くせなのか、達也に誠意を尽くせなのか、何か他のことについて本当のことは何なのかを問うているのか。現時点ではなんとも言えない。

第2話

【感謝】ダイニングで母加奈に対し暴れた後、一旦自室に戻っていた際に、義父進次が帰宅。進次が「ガツンと達也に言う」と言ったタイミングでダイニングに戻ってきた時に着ていたTシャツの文字。母親に対して暴行した直後に「感謝」と言うことの意味は現時点では分かりづらい。そもそも暴れたあと、Tシャツに着替えたか否かが大きなポイント。しかしその描写はもちろんない。「感謝」Tシャツを着ながら暴れたとしたなら、かなり怖いし、暴れたあと着替えたのなら、暴れることを許してくれる母親に感謝する等の意味が含まれそうである。