Golden Time

時はお金で買えません

【恋あた】浅羽拓実悪人説


「この恋あたためますか」の浅羽拓実なのだが、この人、自己中の悪い人ではないだろうか。

浅羽の置かれた環境

ネット通販の親会社からの落下傘社長として業界第4位のコンビニチェーンの社長に就任。幼児期のトラウマ体験からかシュークリーム開発に執念を燃やしていて、樹木の協力を得て、完成させたと思ったら、それを言う前に、親会社の上司に成果出せと迫られる。それでなぜかキレて辞表を出したところ(辞表の顛末は描かれず)。

浅羽のやったこと(仕事編)

・一番売れるシュークリーム開発に異様にこだわる
・商品部スイーツ課長をクビにする
・「キキかじり」の配信者樹木を見つける
・樹木をシュークリーム開発に従事させる
・コンビニチェーンに元いた役員と対立
・企画書にケチをつける

・良いものは良いと言う(樹木の二度目のシュークリームはちゃんと評価)

浅羽のやったこと(プライベート編)

・恋人でもないのに相合傘で樹木を濡れないようにする

・他にあったっけ?

評価

なんでも仕事の成果に結びつけてそう。プライベートが未だわからないが、雨の時の傘の気配りは、単なるマナー的なだけな気がする。それよりも、店舗で雇ったアルバイトを、本社に連れてきて、仕事を出して働かせるとか、労務管理上の問題は、部下がこなしたのだろう。まあ、思いつきでやって見る人だよね…だはなく、それだけ成果に飢えているのかもしれない。樹木に頼ったのは、本来開発すべき、商品部が仕事を放棄する中、頼れるのは樹木しかいなかったわけで。傘の気配りも、ゴマスリとも取れる。

今の所これだけ

まあ、今のところは、これだけなのだが、仕事しか考えていない冷血社長が、神の舌を持つ女と出会い…という展開かなと、ちらと思ったのだが、第1話の終わりで、早々にデレてしまっており、予断を許さなくなってしまった。