Golden Time

時はお金で買えません

【姉ちゃんの恋人】第5話 シリアスモードの後半スタート


ウフフキャハハからシリアスモードに突入!しかしそんなに話は進むこともなくて…もやもや。

難しい話

桃子の叔父川上の気持ちは次の言葉で全て現れている。

もうこれ以上 何か背負わせるのは かわいそうでさ

ほんとよくできたセリフ。これを保護司を務める真人の母貴子に打ち明けるのは、本当に勇気が必要なはず。しかも貴子はこれを川上への思いやりの心をもって受け止める。そして、貴子は1人泣く。川上も貴子も優しすぎる。しかし、真人が惹かれつつあるのが川上の姪であることと、それに対する川上の気持ちを、貴子と共有したことによって、桃子と真人の恋について、川上も貴子も見守る以外何もできなくなってしまった。

パリ・サンジェルマンと野球

真人は野球がメインだが、サッカーもやると。だからダブルデートの時は、フランスのサッカーチーム、パリ・サンジェルマンのパーカーを着ていたと。

桃子の新しいトレーナー

またもパリ・サンジェルマン!