Golden Time

時はお金で買えません

【姉ちゃんの恋人】第7話 不幸なのは真人の過去だけ?


このドラマ、最終的には分からないが、不幸なのは真人の過去だけのような印象。

付き合うことを母に報告する真人

内緒にはできない親子関係。仕方がないが、辛い関係。

付き合うことを弟3人に報告する桃子

内緒にできるはずなのにしない姉弟関係。辛いことがあったら味方でいてくれと言う幸せな関係…に見えるし、今回は問題なくいくのだろうが、牙を向くような時が訪れるかもしれない姉弟関係にも見える

コスプレ和久井映見

ベテラン女優がサンタの格好…貴重かもしれない。そんなタイミングで、母と桃子の対面をさせる真人。

怖い弟

姉を傷つけるなら許さないと真顔で言う和輝。その後、爽やか青年になるのだが…こういうのは、怖い展開になる伏線ともなりうるもの。

みゆき

病みつつあったからなぁ、みゆき。会社が潰れ失業したか。みゆきにこんな不幸を合わせるストーリー的必然性があるのだろうか。そんな中、桃子に和輝とのことも話す。当然混乱する桃子。その後、落ち込んだ風?に歩くみゆきのシーン。この意味は不明。

会社バレする付き合い

桃子が真人と付き合っていることを、日南子に言わされる。何でこうなるのだろうか?やはりこの職場、ハラスメントをハラスメントと思わないカルチャーある。何でこう言う描写するのか分からない。

悟志と日南子

強引にラストに持ってくために、まあ、なるようになったと。それでも悟志の転職問題で次回も一波立ててくるようだ。

真人と元カノ

次回持ち越し。これで一波乱あって次々回でめでたく終わるのかな。