Golden Time

時はお金で買えません

【天国と地獄】富樫義貴とは誰か


日高(本人)と恋人関係にあるかもしれない富樫義貴。彼が意外に重要な役かもしれないと思い考察してみた。

恋人関係?

第4話で、ホテルのエステの先に秘密厳守の部屋があるということで、日高が彩子を連れてくるが、その際、彩子は、五木さんと来たことあるのかと聞くと、日高は、ここには富樫と来たことがあると答えている。これ、彩子(中の人日高)が、陸が出て行った後、部屋に灯りが点いているのを見て駆け足で部屋に向かうところと合わせ考えると、日高は、男のことを愛することができる。で、そう考えると、日高は富樫と強い結びつきを持っている可能性は高い。

富樫義貴という名前

富樫と言えば『勧進帳』の安宅の関の関守、義経。この場面、冨樫が義経の逃走を見逃す見どころである。偶然か仕込みか『天国と地獄』において、富樫の下の名前に義経の「義」の字が付く。こうなると「貴」の字にも何かの縁を見つけたくなるが、私に額がないので見つけられない。残念。いずれにせよ、『勧進帳』を想起させる名前である。これは、義があるが追われる者を逃すことに繋がる名前であり、社長の日高(本人)を、守るということである。

五木樹里

富樫とペアになるコ・アース社の役員なのでついでにあげておく。まあ、「樹」の文字も「いつき」と読むので、苗字と合わせると、何本木が生えている里なんだよと突っ込みたくなる名前。