Golden Time

時はお金で買えません

【ネメシス】遺伝子がキーワードのようだが…


ネメシス…フラグというか、ほのめかしというか、何かを明かす前に、事前にそれとなく提示するということをしたい様なのだが、通常のその手のルールを破ってくるので困惑する。

DNA(遺伝子)

どうも遺伝子がキーワードとなる様で、第1話においても、DNA絡みの話が少なくとも2つ見られる。

遺伝子スッキリ水

これはもう、ドラマの中でも遺伝子には何の効果もないと言われた様に単にネーミングだけの遺伝子という言葉の登場。

アンナの覚醒時の舞

f:id:cure_researcher:20210412133304p:image

このとき、アンナの周りにはAGTCの文字が乱舞している。これ、遺伝子を構成する塩基の内の4つの頭文字。アデニン (A) 、チミン (T)、グアニン (G) 、シトシン (C) 。明らかに遺伝子を意識している。また、この文字が出てきている時、アンナはクルッと回転している。これ遺伝子の二重螺旋構造を意味していると考えられる。いずれもアンナが不思議な能力を発動する際の舞で出てくるものなので、これはアンナの出生の秘密に関わる可能性がある。つまり、アンナは、遺伝子操作された人間という可能性がある。

アンナの出生の秘密

まだ全然情報がないが、風真が寝言で言った「ダメだよやまとさん、そのサンプル違うよ…」という言葉と、細かすぎる全体相関図の20年前の事件関係者の枠に大和猛流さんがいることから考えると、20年前の事件の際、何かを誤ってしまい意図しない遺伝子操作をしたことから、アンナが生まれたと考えられる。だから特殊能力を持つし、その能力発現時には遺伝子の塩基が象徴的に舞うのだろう。恐らく、ヒトで実験するつもりはなかった遺伝子操作実験をヒトに対し施したため生まれたのがアンナだと。そして、その秘密を隠しながらアンナの命と人権を守るため、美神始が連れ出したのが第1話の冒頭シーンだと。そう考えると、謎設定に一応説明がつく。

遺伝子の強調

アンナの覚醒時の舞は、遺伝子操作に由来することをイメージ化する効果はあるので、まあ、ほのめかしとしては合理的であるが、遺伝子スッキリ水は、どうなのだろう。殺された資産家渋澤火鬼壱が、実は若返りもしくは不老不死を願っており、資金提供していたから、大和のサンプル違いは、間違いではなく意図的にやったとかそんな感じで関係あるのかもしれない。澁澤火鬼壱を演じるのが、伊武雅刀氏であり、第1話で終わらない感漂ってはいるので、スポンサー説はありうると思う。