Golden Time

時はお金で買えません

【レンアイ漫画家】第7話 擬似ラブコメから普通のラブコメになった!


ようやく普通のラブコメになってきた。ご都合主義的エピソード満載でも、今ならば、これぞラブコメと許容できてしまう。要は、恋愛要素を疑似恋愛の形で外に求める限り、ラブコメらしさも疑似になっていたということ。

喧嘩の和解の仕方が家族っぽい

帰ってきて良いのかとレンに聞かれて、清一郎が他のどこに帰るんだと返すのは、なんとなく家族っぽい。謝罪の言葉なしに前言撤回するには、そのようにしか返せない。

真のまりあ信者可憐さん

住居侵入、窃盗までしておいて、それについては詫びずに、しかし従属することを申し出る可憐さん。そもそもそれまでの信者なら、何で住居侵入、窃盗までするのか。この人、何かが強すぎておかしい。

え?生きてたの?

これは、視聴者も思ったはず。清一郎の弟の嫁でレンの母親美波が生きていた、しかもクセのある人物だったと。

かなり重めのかまってちゃん

レンの母親美波はおかしな人だが、美波をそんな人間にしたのは、弟純ではないかと言う印象。純への美波の思いを利用して清一郎と付き合わせておきながら、妊娠させてしまうの、純は思った以上にダメ人間。

だからといって今の美波が肯定されるわけではなく、清一郎がまた恋愛する相手は自分だと思っていたとか、純と別れてからも離れられなかったとか、離れててもずっと純くんは私を支えてくれてたとか言って、最後に、清ちゃん、助けてよと迫るの、怖い。美波は自分のことしか考えない。関係を切ろうとする清一郎は正しい。

缶チューハイだと寝て、高級日本酒だと陽キャになる清一郎

どういうことだ?ワインだと、ウィスキーだとどうなるのだ?

あいこの愛を処理できない清一郎

突然背後から抱きしめてきたあいこに対し、清一郎は何もできない、何も返せない。これは不意打ちすぎて清一郎でなくても理解するのに時間が必要かもしれない。酔っていた清一郎が一気に酔いが覚めてるくらいの不意打ち。

ハグとキスの対比

あいこが清一郎に対してやったことは、ハグとキスの違いはあるが、前回二階堂があいこにしたことと対になっている。清一郎には美波のこと、あいこには清一郎への思いといった、不意打ちを受けた側に恋愛関係の悩みがあるのも共通している。第7話時点では、あいこのハグも二階堂のキスも決着しないまま時間が経過しているというのも共通。ただし、1つだけ共通しないことがある。それは、翌朝の対応。二階堂のパターンでは、お互いうやむやであったが、清一郎のときは、行動で仕掛けた側のあいこがさらに言葉を使って踏み込んでいく。この違いは大きいのだろう。

国語辞典

漫画家なのだから、小型国語辞典ではなく、せめて広辞苑クラスの中型国語辞典を手元に置いておくべきではないか?小説家のように文字で表現する作家でないから良いのか?