Golden Time

時はお金で買えません

【ドクターX】ope3 敵に塩を送る…ということかな


外科医である大門が、ストレスが一番体に悪い病を一番に見抜き気にしていたということなのかな。三国広報室長は、大門を騙しているフリをする間に症状が悪化していくのを自分の心臓で理解していたのだろう。だからラストで大門とこれまでのように敵対するのは得策ではないと考え、組もうとしたのだろう。

新型コロナをさりげなく入れてくる

第1話からずっとコロナ感染について入れてくるの、エンタメ系ドラマとしてなかなかチャレンジングなことしている。再放送等の際に古臭くなる可能性があるから避ける考えもあるだろうに。しかも不謹慎な取り上げ方では無いところが良い。視聴率が取れるドラマの余裕かな。

蜂須賀内科部長の人遣い

うーん、三国広報室長に対してするような人の使い方は続かないと思うけど、ドラマだから仕方ないか。ドラマってその手があるからなぁ。

しかし、最後の最後に逆転される。なんというか、蜂須賀は、コメディリリーフだったのか。人を使っているように見えて、利用されているのか。蜂須賀を演じるのは狂言師野村萬斎氏。そんな野村氏にドラマの狂言回しの役をやらせるのか。

たこ焼きのやりとり

スナック的な食べ物にこだわる相変わらずのくだらなさ、安定している。 しかも、今回の症例が「たこつぼ心筋症」だったことに絡みオープニングとラストにたこ焼きの話が出てくるの強引すぎる。だがそれこそが『ドクターX』だと納得してしまう。深刻な病気に立ち向かう医師の話であるがエンタメドラマなので、このくだらなさでバランスが取れているの実感する。楽しい。

優しさの見える鍬形内科副部長

ダメージの少ない別れ方を探したり、事務次官に根回ししたり、病院のためではあろうが、蜂須賀とは違う優しさを感じる。しかし、それが引き金になってハッピーハート症候群を招き三国広報室長は倒れる。これ、大門は見抜いたが、内科医の鍬形は知らなかったということなのか。何か設定上、おかしい気がする。

興梠先生目立つ出番なし

なぜだ…もうその他大勢の中に入ってしまったのか。だとしたらキャラの消耗激しすぎる。まだ全然有効なエピソードを作れる人でしょう。