Golden Time

時はお金で買えません

【アバランチ】第3話 才能と大山周辺への恨みを持つ者たち


個人回は、アバランチメンバーそれぞれが持つ過去を精算とまではいかなくても、気持ちの決着をつける展開になっているのか。この方法で、一通り個人回をこなした後、ラスボスと戦うという展開かな。そういうことで、個人回第二弾は、明石リナ(高橋メアリージュン)。

西城くん

確かにアバランチの実働部隊で警察手帳を持っているのは西城だけだから、ヨークヒルズホテルの監視カメラ映像入手とかに重宝するのか。しかし、そんなことしたら、すぐ足がつくだろうに。そもそもヨークヒルズホテルは、悠源館御用達ホテルなのだろうから、西城がやってきて警察手帳提示したところからばっちり防犯カメラを確認されてるぞきっと。それどころか、そもそも西城がホテルフロントに来た瞬間に、警察が来たと直ちに連絡されていると思うが。この辺り、脚本的に気にしていないならちょっと詰めが甘いことになるが、どうなのだろう。

各回のストーリーは非常にシンプル

大山が蘭子と繋がっているというウラはともかく、今回のリナの復讐劇は見事なまでにシンプル。自殺した親友のために単身敵地に乗り込んで、相手を殴り復讐する…シンプル。その過程で芸能事務所社長?が、一言も発せずにリナに一撃で倒される演出は見事。なんというか、それまで散々勿体つけてマウント取ってきたのに、一撃で撃退というその落差。

アバランチの正体バレそう

大山も本気出して追い詰めてきているから。しかも小森誘拐実行部隊メンバーの1人のものとしてリナの髪の毛か押収されている。今回のリナの復讐劇で立ち回った際も髪の毛落ちてそうだから、早晩、バレるのでは無いかな。ただリナの復讐劇は、アバランチとしてネット配信はされていないようなので、結びつけられないかもしれないが。しかし西城が悠源館御用達のホテルで警察手帳提示して防犯カメラ映像入手してる防犯カメラ映像を、逆に悠源館側が入手している可能性がある。そうなったらアバランチの身バレは確実。

アバランチの加入条件

大山もしくはそれに連なる誰かに恨みを持ち、かつ何か特殊な才能を持っていることというのが、全てでは無いにしても、アバランチ加入条件にあると思う。というか、ドラマ的にはそうでないと盛り上がらないからね。

ピヨピヨ高い声でうるさいのに落ち着き払っている黄月蘭子

このキャラ良いわぁ、ウザさがホント良い。最終的に逮捕されるのか知らないけれど、蘭子のラストシーンは、一転、大騒ぎで感情剥き出して抵抗するシーンが描かれるのだろうなと期待。

ラスボス

今のところ大山がラスボス感強いが、大山の背後の人物がいたり、逆に大山もアバランチ側だったりするかもしれない。この手のドラマはラスボスは意外なところに…とするために無茶な設定にすることもあるので、現時点ではラスボスが誰かは分からない。

次回は打本鉄治個人回

打本を演じる田中要次氏の個人回なんて、期待が高まるしかない。

千葉雄大氏、高橋メアリージュン氏、田中要次氏と続く個人回のキャラの個性が立っていて良い。何というか年齢、性別、過去等バラバラなのに、何かの1点で繋がってチームになってるのだから。