Golden Time

時はお金で買えません

【アバランチ】第5話 羽生&山守回でアバランチ設立理由と背景が明かされる回


アバランチメンバーの個人背景説明回のラスト。アバランチ設立の背景も描かれた折り返し回なので盛り上がるはずが、単にサラッと描かれた説明回という感じに見えてしまう。アバランチメンバーが集まってガヤガヤするシーンがなかったからかもしれない。あれが所々挟まれるのがアバランチなのではないかな。とにかくストーリーの折り返し地点で、これからアバランチと大山の戦いが始まることは十分理解できる回だった。

羽生と山守

三年前のこと。山守の婚約者で羽生の先輩藤田を通じた繋がり。アバランチは復讐のためのものだということは分かった。しかし大山の背景等まだ謎は多い。藤田を演じる駿河太郎氏は、こういうワンポイントなのに第1話から居たようなインパクトを残すことが多い俳優という印象。

的を外す羽生

これ、射撃の話だけではなく若い時の羽生の無鉄砲な行動をも指した言葉。的を外したために突撃し藤田を失ってしまったことの暗示として藤田に語らせている。

大山を助けるアキレス腱を切る

山守が羽生にテロ事件の背後にいる大山の説明とともに、これまでの事件を上手く表現している。

大道寺は信用できるのか

今回だけでは分からない。ただし、演じているのが品川徹氏なので、信用できる側の可能性は高いのかなと勝手な推測。アバランチについては、活動資金という点で山守の背後に誰かがいることは間違いない。それが大道寺という可能性は高い。そうなると、アバランチの設立メンバーの共通点は大山への怒りであり、目的は大山を叩きのめすことになるが、それだけであると何となくストーリーとしてつまらない感じなので、それを補う何かがありそう。

小さな出来事

羽生の個人回用エピソードは、牧原、明石、打本の時とは異なる本当に小さな出来事。しかし正義について語られる回。社長令嬢あかりの行動に羽生が、「すげぇな、お前すげぇよ」と言うのは、自分の過去と比べてだったのだろう。過去の羽生と違うのは、あかりは成し遂げたということ。町工場の中の小さな正義が羽生の巨悪に対する正義に火を付けた展開、それで前半というか第1部を締めるのは綺麗。町に埋もれる小さな正義が羽生を動かしたというのが良い感じ。

追い込んでいるようで誘われている感じの大山

アバランチメンバーは、意図的に身バレさせているように見える。そもそも動画で自分の姿を映す必要がないのに映しているし、監視カメラも気にせず行動しているし。今回のラストで羽生が指名手配されたのは、アバランチが追い込まれているようで、アバランチが大山という本丸に迫ってきているということであり、どちらかというとアバランチが反撃を始めたということ。