Golden Time

時はお金で買えません

【最愛】第6話 動き出した加瀬のターン


優が逮捕されたと思ったら釈放されるというジェットコースターのような展開だったが、謎に迫るという点では、ストーリー自体はゆっくりとしか進んでいない。しかしそのインパクトは大きく、優が殺人犯である可能性は小さくなり、障害犯の可能性が高まった。というかドラマなんだから優は殺人犯ではないよね。第1の犯人でさえない可能性まで出てきた。

優が自供を始めたことのインパクト

これは梨央にとってショックだろうが、警察にとっても一概に良いことではないというのが良くできている。「動画に残っています」という自供。これがポイントかな。動画以外の記憶はないし。加瀬が金に糸目をつけずに解析依頼しているし。ただ、動画自体は偽造というわけではなくて、動画に残るようなことを本人は実際にやっているということか。ただ、動画はやったことだけでなく、やっていないことも残す。

少し気になるのは、優の記憶力が都合が良すぎる気がする。動画を確認して得た自分が殺したという記憶は後になってもはっきり覚えているのに、池で人を殺したか否かについては覚えていないというのは何か変じゃないか?

彼は古い友達じゃない、刑事なんだよ

加瀬のこのアドバイス。弁護士として適切。しかし言葉では分かっていると言っても梨央には届かないのだろう。梨央にとって宮崎は、「古い友達」で括れるものではなく、「大ちゃん」なのだから。

大輝の方は、「大ちゃん」である自分と、警察官である自分の狭間で苦しんだいるのだろうか。しかし、大輝も陸上部員だった藤井も共に警察官になっているの、過去とのつながりで何か意味があるのかもしれない。

一方、加瀬にとってこのセリフの意味は何だろう。梨央と大輝の関係に対する加瀬の複雑な思いみたいなのが入ったセリフということはないのかな。

松村栞 = 橘しおり

記者の橘しおりは、過去の事件被害者としてリストアップされていた松村栞のペンネームもしくは結婚して姓が変わったということか。後藤が持っていた資料には、旧姓という表記がなされていた。この人、最初の事件の真犯人の可能性が出てきた。しかしこのタイミングだと後出しに近いので、やはり真犯人ではないな。

犯人を見たと言ってる男を見たという男

そりゃ、山尾捜査第一係長でなくても「何?もう一回言って」ってなる。直接目撃者が見つかったではなくて、間にもう一人入れてくるの、何となくリアルな感じ。山尾を演じる津田健次郎氏の演技も面白いし。緊迫感の中の癒されるシーン。

白髪頭・首に赤いタオル・ママチャリ

この組み合わせの外見をした男を探せって、ウォーリーを探せの実写版みたいなことを大輝と桑田の刑事コンビがやっている。何回か失敗してついに見つけるの刑事ドラマだなという感じ。現実はそう簡単にいかないでしょう。白髪頭とママチャリは変えられないけれど、いつも赤いタオルというのは、そんな人いるのかな。タオルにこだわりというかタオルの色にこだわりのある人いるのかな。ただ、白髪頭と赤いタオルで紅白という縁起の良い色になるといのはある。

解放された優

起訴前日に、やれることはやったと言い切る加瀬。こういう将来に言及しない言い方は、フラグにはならなくて安心できる。つまり、優は解放される。しかし本当に尽力したのは大輝だった模様。白髪、赤タオル、ママチャリの男性の証言記録が効いたか。この証人、白髪、赤タオルで紅白だから縁起が良いからかな。資料に署名してあるのは映っていたが、何の資料か不明。加瀬によるとそれは警察官として良くないことらしいので、追々これが問題化するのだろう。

加瀬が弁護士になろうと思った理由

優に聞かれて、弁護士を困ってる人のためになんでもする人と思ったというのが理由ってちょっと人を食っている…そして、それに対しツッコミ入れない梨央と優ってどうかしてる、というか、それが姉弟の血の繋がりなのか。

この加瀬の自分語りは、ドラマの鍵になる気がしなくも無い。わざわざこんな違和感あるシーンをシナリオとして埋め込んだのは、何か理由があるはず。加瀬が梨央に尽くす根幹の出来事をあのように表現しているのだろう。つまり、弁護士を困ってる人のためになんでもする人と思ったのは、誰かを見てそう思ったのかということになるが、年齢的にこれに当てはまりそうで梨央に関係あるのは、梨央の父達雄なんだけれど…達雄、弁護士資格持っていたのか?ということになる。ひょっとして、達雄は、梓の先代の真田ホールディングスの顧問弁護士で、認められて梓と結婚したという可能性あるな。では何故、飛騨高山で寮夫をしていたのかということになるな。

優の動画

どれだけ保存しているのかわからないが、もしこの1〜2年の行動全て残していれば、後藤とのつながりも記録されているということ。それも本人は忘れているということで見返すことができないとしても、警察が優の居場所を突き止めた際に押収しているのなら、それを解析すれば色々出てくるのでは?優が保存をクラウドサービス上で行っているのであれば、加瀬が民間科捜研に依頼すれば良いのではないか。とにかく、動画が保存されていれば、多くのことがわかる。

SND850

この薬は、治療効果が出た以降の記憶を定着ささるのか、過去の記憶も呼び戻してくれるのかどちらなのだろう。例えば最初の殺人事件の記憶まで呼び戻してしまったら、逆に普通の人の記憶を凌駕してしまうことになるのだが。ただ、2件目の渡辺父の殺人の方の記憶が蘇るのはありそう。