Golden Time

時はお金で買えません

【逃亡医F】第9話 シンプルなストーリーに謎などない


綺麗に最終回に向かったという感じ。これまでの展開にも複雑なところはなくて、観やすいドラマだった。逃げて出会った人の手術しているだけだから、メインストーリーに複雑なものなど入れる余地がなかったというのが正しいのかな。

烏丸は完全に藤木側認定されたということかな

完全に藤木側の人間みたいになっている。第9話であるし、佐々木フェローも烏丸に注射しようとしていることから、確定なのだろう。少し違和感あるが。ここで再度逆転して烏丸が佐々木フェロー側となったら、もう笑うしかない。

幹をクビにしない佐々木フェロー

これ、本当にわからない。良いように使えるから置いておくという一面はあるが、それにしても佐々木にとってリスクの方が高いと思うのだが。少なくとも重要な場面に同席させるのは危険すぎると思わないのだろうか。

ガイスト

霊魂という名を持つ薬。脳に影響を与えるという薬ということが名前からわかる。DDSηという機械的なネーミングに比べると、薬への想いの強さを感じる。というか、単に製品化されているか研究段階かというだけかもしれないけれど。

最終回予告で全ての真実が明らかにとなっているが…

真実というほどの謎など残っていたっけというほどシンプルなストーリーだと思うのだが。それがこのドラマの良いところなのだから、全ての真実などという普通のドラマみたいなことは言わなくて良いと思う。謎で残っているのは、妙子の「死」についてだけだと思う。

①妙子は何故屋上にいたのか

②妙子は落ちたのか、落とされたのか

③藤木は何故犯人扱いされるタイミングで屋上に来たのか

…が残っているのではないかな。いずれもドラマのほんの一瞬の出来事であり、2時間ドラマ、いや、上手く描けば1時間で描ける程度の謎に思えるが。それが良いのだけれど。

個人的には、次のことが明かされて欲しいと考える。もし、全ての謎が明かされるということなら、明かされるのかな?

④沢井は後遺症ないようだが、現実に可能なのか?沢井はほぼリハビリなしで治ったのか?沢井は完治するのにどれだけの日数がかかっているのか?

⑤同様に拓郎や藤木の怪我はどうなのか?そもそも妙子が落下してから、藤木が佐々木フェローの研究室で妙子に再会するまでどれだけの期間を要したのか?

これらは、明らかになるのかな?

手術シーンがなかった

毎回の面白手術がなかったのは残念。毎回、1話完結的に代用器具を用いた謎手術がお楽しみの一つだったのに。最終回は、妙子絡みで謎手術してくれそうだから期待している。

暴力には弱い佐々木フェロー

拓郎の暴行には何も対応できなかったように見える。烏丸に射とうとした注射はどうなったんだっけ…