Golden Time

時はお金で買えません

【鎌倉殿の13人】(18)義経のキャラ修正


チョビ髭の八重

そんな顔で、心を閉ざす大姫の対応を「気長に」と深刻な話をしても…と制作側の狙い通りの策にはまってしまう。それより、墨で髭を描く文化は当時あったのかな。

義経が強すぎることを恐れる頼朝

義経が、次の鎌倉殿は自分だと思っていることを、頼朝は危惧する。うーん、以前、義経本人に次はお前だと頼朝は言っていたからなぁ。

那須与一…?

登場せず。

しずかちゃーん

などど静御前を楽しそうに呼ぶ義経は、のび太なのか?それはともかく、このほのぼのさと、その後の展開がアンマッチ。鎌倉に入れず腰越で足止めされるというのであれば、義経はどこでもドアを使って鎌倉に入れば良いのに。

壇ノ浦後の義経

壇ノ浦までは、義経のキャラはイケイケで手段を選ばずという感じで描いてきた。これは、義経の戦いの強さの理由を示すためにも、悪虐さは必要なキャラの一要素だった。しかし、壇ノ浦を終えると、次は頼朝との仲違いを描くことになる。最終的に義経は討たれるので、まさに判官贔屓の感情を視聴者に持たせなければならない。このため、義経の人間らしさを急仕立てで用意したのが今回の静御前や宗盛親子のエピソードなのかなぁ。