Golden Time

時はお金で買えません

【ユニコーンに乗って】第2話 痛々しい、ただ痛々しい…のだが


意図的というか、そういう感じで進めて行くのは分かるけれど、痛々しくて、見ていられない。

「以前の職場」という言葉を平気で使う小鳥も痛い。

凛花さんと功の話も痛々しい。

偶然が小鳥に力を与えるのだろうなぁ。「偶然」が。これまでの実績とか何かではなく、偶然が小鳥に力を与えるのは何というか奇跡の話でしかないな。

うーん、偶然の運で奇跡の逆転というのはちょっとという感じ。

ただ、後半にもう挽回しているところは、後味悪い感じを残さなかったので、それは良かったし、これはラブコメなんだということが最後の最後にわかって、まあ、トータルでは楽しめたかな。