Golden Time

時はお金で買えません

【初恋の悪魔】第3話 空き巣、万引、横領…の影に事後強盗


タイトルの「初恋」が、まずは鈴之助の星砂に対する思いだということで進むのかな。まあ、後々どんでん返し的なものがありそうだけれど。その意味では星砂の初恋が怪しい。

いきなりフラれるところから始まる悠日

それを突っ込む、星砂。どんな始まり方だよと思うが、フラれる描写は簡潔でフラれた理由もわかりやすいし、なんと言っても相手が来ないだけで全てが分かるの凄い。星砂とのやりとりがあって、悠日は「フラれたんじゃありません、僕がフリました」と言い、星砂が「その通りだよ」と返すの良い。確かに条件を出したのは悠日であり、相手はそれを満たすことができなかったから待ち合わせ場所に来れなかったと考えれば、悠日がフったと言える。

鈴之助、謹慎してたんじゃないの?

何かただのお金に余裕のある良い歳した引きこもりになってる。まあ、こう言うドラマは、動き始めれば初期設定などどうでも良いか!

空き巣…?

何でいきなり入ってきて襲うの?空き巣目的じゃなくて、襲うことが目的としか思えない行動だが…

刑事が泥棒に入られた…え?

最初から襲うことが目的ではなくて、泥棒に入ることが目的だったとしても、やっていることは、事後強盗じゃないのか?未遂か既遂かは分からないが。本当に刑事が来ているのか?「刑事が泥棒に入られたなんて、まるで笑止」とか言ってるが、強盗犯だから内々で処理なんてダメだろ。

空き巣だとしたら、森園の家で戦ってから鈴之助の家に入ったとは考えられないので、森園が空き巣が鈴之助の家に入るのを見たと言うこと。嵐の日に。つまり、鈴之助が怪しい隣人森園を監視しているだけでなく、森園も鈴之助を監視していることになるのでは?ああ、楽しそう。

ワインフルボトル、お菓子?、マンゴーの連続万引

星砂の万引き犯逮捕は、証拠映像なし。ああ…?内緒でもっとカメラ付けとくとか?

酷い、高熱じゃないか。36度9分

僕の平熱は5度4分。

このご時世、このギャグは…。

しかも、冷えピタ付けて買い物とか、いや、このご時世、無理。何でそんな描く。

ピンクのシャツと謎のパンツ

どっから出てきた?

彼の魅力を再発見する楽しいパーティにしたい

小鳥ぶっ飛んでるな…星砂は万引犯の誤認逮捕で参ってるんだから、鈴之助の魅力、それも料理の腕など…はははは。星砂は、思い切ってようやく鈴之助の家に来たのにパーティとか言われたら、そうなるよね。小鳥おかしすぎ。

記憶がなかったりする星砂

ラストでは、二重人格確定してた。サラダのトマト食べらんないと言ってたけど、トマト串食べてたからね…しかし人格移り変わる際に、パタッと切り替わるのではなくて、タイムラグというか併存するタイミングがあるみたい。

雪松署長

何で署内でラフすぎる格好してるの?署長なら何やっても良いの?ちょっと変…という描写をするには、さすがに違和感ある。

背景説明は悠日と小鳥に任せて、本質だけズバリと射抜く鈴之助

役割分担が清々しい。しかし、

この事件は万引き事件じゃない。万引きによって隠された別の事件なんだ。例えば猟奇的殺人事件とかね。

と突然言われても困るのだが。

店内の防犯カメラの記録動画は自宅で閲覧できるのか

これ、出来て大丈夫なの?

万引き事件は横領事件でした

上手だけれど、このトリック一度ならともかく、何度も成功するか?リスキーすぎると思うが。