Golden Time

時はお金で買えません

【鎌倉殿の13人】(37)はた迷惑な親子喧嘩の号砲が鳴る


緊迫する親子喧嘩怖い。

政子と義時により既成事実で固めてられて進退窮まる時政

政子と義時が時政の権力範囲を外堀から埋める作戦。いきなり騙して殺さないだけ、ある意味優しい。というか北条らしくない。政子と義時は時政の娘息子だからなんだろうな。というか、義時は時政を説得するために、梶原、比企、畠山と北条が絡んで消していったライバル御家人名を出してしまっているの脅しとしては凄い。ただ、これを父親に対して言っていることから、脅しではなく説得ということになるのだが、それにしてもストレートに言っている。そういうことが分かった上で、時政は微妙な細工をして自ら逃げ場がなくなるように追い詰めていくみたいなことをしているのか。理詰めで頭が働く政子と義時に対し、直感の頭の良さで生きていく時政の対決というか、時政が時政なりのギブアップをしたということか。時政にとっても、相手が娘息子ではなかったら、違う方法というか残虐な方法を取ったのかなと思わせる流れだった。

時房の餅

時房が時政に餅を持ってきた…これはあかん。時房の餅だけはあかん。絶対食べてはダメだ。結局、食べたかどうかわからないまま終わる。

りくが最終進化系の暴走をし始めた!

りくが、自分が鎌倉殿の祖母になるために、実朝を降ろそうとするのだが…時政は、鎌倉殿の義父、祖父に既になっているのだよなぁ。

巻き込まれる平賀朝雅

次の鎌倉殿候補に勝手に祭り上げられるのを察して迷惑そう。

一つ手を間違えると、命取りぞ

とか言ってる。よく分かっているな。というか、色々自分でもやってるからこそ、分かってるんだろうね。

和田義盛の家

もう完全にリラックスする場所になってる。ほんと楽しそう…な顔は、ここでしかしないな。

後鳥羽上皇

この人、いつも遊びながら悪巧みしているな。今回は似顔絵書きか。ただしやってることに遊び心はないが。

時政の作戦

りくのことそんなに好きなのか。りくに対する、

とっくに腹はくくっておる

というセリフ、ダブルミーニングではないかな。自爆的行為をするという意味を含んでいるように見える。

酒と肴持参で政子の所に来る時政

時政が、今後父子の関係を切って対立することになるので、最後の時を過ごしに会いに来たと。上手く時政を最悪のキャラから救うのだけれど…実朝に起請文を強引に書かせようとするシーンで台無しな気がする。実朝は、頼朝が出家の後、殺されたことを知っているだろうから、書いちゃダメなのに、一旦は書こうとしたのは、それだけ現状が既に危険だったということか。

畑のナスの話で一家団欒

これが希望した未来なのかな。しかしあくまで小さな畑でしかなく、今では畑は昔を懐かしむものになっている。これからこの小さな畑さえ壊れるということ。

三浦義村はこのままだと時政側になるのだけれど…

これでは敗者側に付くことになるのだが、なんで義村は、時政の企みを知らなかったことにするという義時の提案を了承しちゃうの?まずいじゃん!

畠山重忠の妻の毅然とした態度と政子の父の命は取らないでと言う態度

畠山重忠の妻に対し、畠山の本領を受け取れと政子は言う。それに対し重忠の妻は、

畠山重忠の妻:そんなことをすれば北条は身内に甘いと陰口をたたかれます

と言い受け取らない。重忠の妻、強い。

その一方、政子は、時政謀反と言って挙兵しようとする義時に対し、

政子:命だけは助けてあげて

なんて言う。しかし、そこで重忠の妻の言葉が生きる。

義時:それをすれば、北条は身内に甘いと日本中からそしりを受けます

綺麗。

結局、畠山重忠の妻の胆力により、畠山の名は繋がることになる。畠山重忠は妻もカッコよく描かれる。そしてそれにより政子の弱さが対比的に描かれることになる。こう言う大きな対比は凄いなぁ。

畠山重忠の妻と政子の比較

時政を謀反人とするという前に、重忠の妻に、重忠の本領を受け継げと言うのは、命は奪ったが、重忠の妻が然るべく生きるために資産は奪わないという温情のつもりもあったと思うが、重忠の妻にしてみれば、謀反でもないと言う認識があるのに重忠の命を奪っておいて、土地は別とかないだろということかな。図らずも、時政に謀反の疑いをかける際に、命だけはと政子は言ってしまうが、重忠の妻の気持ちを理解できただろうか。

義時の顔

もう完全に全て仕切ってるのは俺!みたいな顔になってる。なのに息子泰時に自分の仕事を見せるとか言って、実朝付きから外してまで自分の顔を見せ続けるの、凄みあるけど、嫌な感じ。