Golden Time

時はお金で買えません

【鎌倉殿の13人】(42)実朝覚醒…義時に追い込まれそうで今回は逃げきった


実朝が追い込まれて行く…ようで、血のつながる北条の周りを上手く巻き込んで、義時の仕掛ける諸々をかわす。逆に義時が孤立する。これは実朝、逃げ切れるのかな?と思わせる展開で今回は終わる。公暁が鎌倉に帰ってきちゃうけどね。

ああ、実朝悪夢から始まるか…

夢枕に後鳥羽上皇が現れる…って、頼朝の後白河法王の悪夢と同じ構図。鎌倉殿と朝廷の関係はそういう繋がりなの?

泰時「私も北条の者ですが」

実朝:義時に異を唱えることができるのはお前だけだ

泰時:鎌倉殿のために、この身を捧げます

2人とも言っちゃいけないことを言ってるな。

年貢を減らす土地を年毎に変える作戦

泰時は頭良いなぁ…と。

船作りにおいても、船に協力した御家人の名を記しつつ船の建造は続けるというアイディアを出す。基本的には義時側のはずの人である時房も「いい案だ…」と言ってしまう。時房のこの性格好き。

頼朝の義時、実朝の泰時

だから泰時は実朝の横にいて良いと言う泰時は頭脳派。

のえが早く執権になれと言ったら…

その次のシーンで義時は執権になってる。速っ!

慈悲深い名君になろうとする実朝

そんな中、陳和卿が現れ、前世がどうのと怪しいことを言い始めた。実朝の夢日記とか誰か見たんじゃないか?…源仲章さんが怪しいと。それでも船作りは始まり、不首尾に終わった。

時房

難しい役割をこなしている。

政子が上座

丹後局は板間にそのまま座っている。それが分かる映像から政子と丹後局のシーンが始まるの2人の今の力関係を表していてエグい。丹後局は政子に厳しいことを言うのだが、結局、良いアドバイスをしているのだよなぁ。

嫌味を言う三浦義村

もはや義時に何か言えるのは、義村だけか?

鎌倉で普請といえば八田殿

確かに!この人、鎌倉の何についても直していたな。

刀の手入れする後鳥羽上皇

無意識に武士に対して劣等感を抱いているということか。もう遊びながら、ふざけた感じで鎌倉の話をすることは無くなったのかな。後鳥羽上皇、北条相手に遂に本気になってきたか。

また出た!「鎌倉殿には、表から退いていただきます」

これ、既視感ある。

あの方に頼家様のようにはなってほしくないのです

よく言うなぁ、義時。しかしこの言葉、政子には刺さる。政子はこの同じ第42回で、

4人の子のうち3人を亡くしました

と丹後局に言っていた。このセリフがここで効いてくるのか。義時は酷い脅しをしてきた。

大江広元に相談する政子

あれ、広元は時代は変わったとか言っている。広元も丹後局と同様に、腹をくくれと言う。あれ?広元の考えが読みづらい。こういうフニャフニャなところが広元らしい。

八田知家隠居宣言

若く見えるが…実はあなたとそう変わらない

と八田知家に言われて「えっ」と言う三善康信カワイイ。

ん?船を引く際に上半身裸になったら…ものすごい筋肉美ではないか?それに釣られてか三浦義村まで筋肉美サービスしてくれてる。三浦義村というよりこれは、演じる山本耕史氏の筋肉美披露…しかし何これ?

時房何やってるの?

ひでぇな。設計書き換えか…。しかし、陳和卿、一目見て気づくなら、もっと前に気づけよ。

やるならとことんやれと実朝に言う政子

ああ、腹を括ってる。大江広元が背中を押したか。しかし、

母は考えました。あなたが鎌倉のゆるぎない主となる手を

と言うのは…何か胡散臭いというか怪しいというか…危なっかしい。

実朝の大御所宣言!

源氏の血を引く公暁ではなく養子をとると…朝廷に連なる特に高貴なお方。

姉弟喧嘩、本格化!

鎌倉は、父上一人のものではない!

と、泰時まで言っちゃう。義時は囲まれちゃった。

公暁が戻ってきちゃう

これはあかん。あかんのよ。

サツキ…

時政は、昔から女子には苦労しないとか言っているが、ちょっと尻に敷かれる感じなのが、時政の好みなのかな。しかし、りくのことを恨んでいないのは、やはり女子には苦労していないことの証左とも言える。ただ、サツキには身の程を超えた望みはなさそうな自然体みたいだから、晩年の時政にピッタリの女子と言えそう。

実朝の…というか政子の作戦

義時を封じるには、北条以外の御家人ではダメで、義時以外の北条で義時を取り囲めば勝てるという作戦みたい。とりあえず今回はこれで行けた。