Golden Time

時はお金で買えません

【鎌倉殿の13人】(44)実朝のナイーブエピソード在庫一掃セール開催される


実朝は、清濁併せ持つということが結局出来ないまま、気づいたら鶴岡八幡宮に向かってしまった感じ。あああ。

野心に満ち満ちた公暁…

全ては、明日じゃ

いきなりきたか。冒頭に北条一族が浮かれているシーンを描いておいてこれは唐突感あってワクワク?ドキドキ?する。

鎌倉殿の資格は、生まれが全てではあるのだろうが…

いつどこで誰の子として生まれたかというのは運、生まれが理由で殺されるのは運命。まさに文字通り運が命を左右する。

義時…丸くなった?

前半では姉弟妹3人で仲良さそうに話してる。しかし後半ではまた政子と義時が変なムードになってる。忙しい姉弟。

夫婦喧嘩

のえが源仲章に惹かれた感じでも、そんなことはどうでも良いみたいに義時に言われイラつくのえ…可愛いというより、やはり怖い。この人怖い。しかし、太刀持ちを義時から仲章に交代しちゃったからなぁ…。のえの浮気も自然と終わらざるを得ないね。考えてみれば、太刀持ちとして義時が暗殺されても仲章が暗殺されても、のえは執権の妻でいられると考えている?そうだとしたら、のえスゴい。

勘がよい泰時

つくづくできる息子だ。三浦のことも、実朝暗殺の際に合わせて狙われるのは父義時で有ることも、すぐに察する。

ナイーブな実朝

今回はもう、実朝のナイーブエピソード祭り。在庫一掃セール化している。

源仲章

早まったな…というか、早まってるという演出をこれでもかと入れてくるな。人の上に立ちたいとか、私が執権になろうかなあとか、義時の前で言っちゃうか。だからこれを察した義時は、悪虐さをオブラートでくるまなくなった大江広元の助言を聞き、トウに仲章暗殺を指示する。義時は、せっかく丸くなったと思ったのに。また火をつけちゃった。

しかし、いちばんの早まりは、太刀持ちの役を義時から奪ったことかな。せっかくトウを捕まえたのに自分から足を突っ込んでしまった。

困惑のトキューサ

ここからは修羅の道だ、付き合ってくれるなと言う義時に、もちろんですと答えてしまう。その後の義時の話に面食らい通しの時房。実朝の鎌倉を捨てるという言葉が義時のスイッチを入れたか。それにしても若干面食らいつつも普段通りの顔してる時房は、やっぱり北条なんだなぁ。

三善康信から頼家のこと聞いちゃったか…実朝

それで公暁に同情しちゃう実朝、ナイーブ過ぎる。今回は実朝のナイーブエピソード積み重ねるなぁ。

私は母上が分からない。あなたと言う人が

こんなこと言われたら、母親として気がおかしくなる。そして、それを言った息子が、すぐに亡くなってしまったらもう心が潰れる。

公暁に会って土下座する実朝

え?1対1で会っちゃうの?その場で斬られてもおかしくないのに。ただ、公暁は、有力御家人たちの前で実朝を暗殺するという舞台を選んだ。結果的には、ちょっぴり愚か。同時に義時を討つことで共感を得ようとしたのだが、源仲章がいらんことしちゃうからね。

正々堂々と裁きを受けさせればよい

ああ、実朝ナイーブ過ぎる。公暁と手を組んで"正々堂々と"北条の権力を奪おうと言い出す。

力を合わせる提案は公暁には通ぜず

実朝が公暁に対し心から詫びて、しかも北条倒しに協力してあたろうと呼びかけても、これまでずっと辛酸を舐めてきた公暁には、この話は通じない。騙そうとしていると思われる始末。

雪が降ってる

この期に及んで、義時は政子を引き入れようとしている。政子は実朝から色々言われて参っているのに。

暗殺計画の証拠となる行列の並び図

公暁、そんなのを別当房に残していたか。まあ、暗殺&権力掌握が成功すれば問題ないし、返り討ちに遭えばそもそも命はないし、そのまま置いておくのも分かるが…暗殺前に実朝側の者に見られる可能性に頭が働かないのが、もはや前進することしか考えていない公暁らしいということかな。部屋に残さず持ってけよと。