Golden Time

時はお金で買えません

【フルーツバスケット】透が皆に好かれる理由


結局、透が天然で十二支からのプレッシャーを受け止めてあげられるのは、透が感受性が高いのではなく、その逆で、鈍感力が高いからではないか。

物語の半ばから透は自分の使命を理解する

透は、10巻すぎ辺りから徐々に自分が、十二支たちの支えとなっていることを自覚し、その後、十二支たちを救おうとし始める。しかしそれまでは、基本的に流されるまま十二支に関与するのであり、特にそこに自分から付き合いたいや、自分から嫌うという積極性はない。来るもの拒まずである。

透が十二支に好かれるわけ

ただ、一旦向こうから来た者は、相手のパーソナルスペースの中に善意かつ無意識で入り込む。これが世間から疎外されていると感じる十二支たちの心に刺さるのである。

透が魚ちゃんや花ちゃんに好かれるわけ

透は、十二支に出会う以前に既に、魚谷ありさと花島咲の心を掌握している。これも、十二支の心を掴んだと同様の理由で理解できる。魚ちゃんも花ちゃんも、透に会うまでは生きづらい人生を歩んでいた。人を拒絶する生き方をしていた。そのような2人に、透は、十二支たち相手同様に、相手のパーソナルスペースに善意かつ無意識に入り込む方法で接する。そして2人とも透を心酔するようになる。これまで、透のように、付き合って安らぎを得る同世代の者はいなかったから。

透という名前

以上見たような、初対面だろうがなんだろうが相手に対しゼロ距離で飛び込むのが透のコミュニケーション方法であり、ここで飛び込まれた者は、透の言を結局、もう1人の自分の声として捉えるため、に惹かれるのである。透の名前の「透」の字は、「透明」の「透」である。相手にとって透は実体のない透明な者であり、実はそこには何もなく、透は、単に自分自身を見つめなおすたまの「無」の世界であるという理解も可能である。かなりこじつけであるが。透の相手に対する発言は、それほど良いことを言っているわけでもなく、どちらかというと、透と接することにより、各自が自分で、何に囚われているかを理解し、どうすべきかを見つけている。このような構成がフルーツバスケットの基本構成である。ここでは、主人公透は、強いリーダーシップや説得力、交渉力といった相手に直接的な力を及ぼす個性を持たず、単に相手の懐に入り込み対話するのみで、相手の内心の問題を解決していくのである。

物語後半はそれが変わる

ただし、これは物語前半までの透である。後半でこの状況は変わる。透は、積極的に自らの強い意志で、十二支の問題を解決しようと動く。ストーリーの折り返し辺りでこれが出て来るところに、フルーツバスケットの凄さがある。半分使って透の性格や個性を描き、後の半分で透の戦いを描く…これが構成上、計算されているのだから。