Golden Time

時はお金で買えません

【北斗の拳】各国の新型コロナ対策を北斗の拳の強敵に当てはめてみた

199X年に世界は核の炎に包まれることはなかったが、その20年後に新型コロナウイルスの炎に包まれる世紀末状態が来るとは想像できなかった。コロナといえばウイルスの名が挙がる以前の世界では、コロナと言えば太陽。太陽といえばその中心で起きているのは核…

Anarchy in the UK モトリークルー版

"Anarchy in the UK "と言えば、"God Save the Queen"とともにセックス・ピストルズの代表曲である。この曲は多くのアーティストにカバーされており、ヘヴィメタル/ハードロック界のモトリークルーもカバーしている。 Mötley Crüe 版 Anarchy in the UK 演…

Like a Virgin モトリークルー版とマドンナ版の違い

"Like a Virgin"と言えば、マドンナを世界的なスターにした今日である。この曲をヘヴィメタル/ハードロックのスターバンドモトリークルーがカバーしている。ただし、モトリークルーは、歌詞をほんの少しだけ変えることで、自分たちに合わせた曲にすることを…

【ちはやふる】第44巻 なぜ若宮詩暢は強いのか

末次由紀「ちはやふる」の第44巻は、物語の最大のクライマックスに差し掛かっており、第43巻で1試合目を、第44巻で2試合目を終えるという形で、大体1試合1巻で消化してきている。クイーン戦は、5試合中3試合先取で勝敗を決するので、単純に考え…

【フルーツバスケット】話としてちゃんとケリをつけられているから

23巻を費やして、ダレることなく話のスジをちゃんと通して、しかも最初のあたりの伏線を回収しているのは本当に凄い。起承転結のメリハリがはっきりわかるの本当に良い。まあ、十二支プラス1(仲間はずれ系)、プラス1(神系)、プラス2(親友系)とい…

【フルーツバスケット】神を超越した透

結局、フルーツバスケットにおいては、十二支、猫、神の14名を越えたところに透はいたということ。そして、その全ての者を救うし、その中でも一番不遇だった者を救うために、他に対する思いと異なる特別な想いを持って当たるという23巻までを使っても無…

【フルーツバスケット】明確な力を持つ者が、力を持たぬ透に惹かれる理由

フルーツバスケットは、結局、普通なら、損な役回りで良くない運命で人生を終える、これといって優れた点がないと思われる主人公本田透が、数多の特殊能力を持つ者を引きつけ魅了する話である。 透は、普通の友人を持たない。 透自身がかなり特殊な人物 力を…