Golden Time

時はお金で買えません

【アオアシ】テーマあるいは描かれるもの〜友情努力勝利などないスポーツマンガ

このエントリー作成時点ではまだ連載中のこのマンガ。育成世代後期、高校生世代、しかもJリーグ下部のユースチームが舞台である。この舞台設定が絶妙で、単なる友情・努力・勝利ではない複雑なスポーツマンガに仕上がっている。というよりもここには、真の…

【北斗の拳】アミバは何故天才なのか

アミバは「自称天才」扱いされて、どちらかというと笑われる対象として描かれている。現にレイは嘲笑気味にアミバに語りかけている。しかしアミバはやはり天才である。拳法の天才度でいえば、恐らく北斗の拳の中で最上位の天才である。これについて見ていく…

【北斗の拳】ジャギより楽しい人生はない

北斗兄弟の三男ジャギという男。普通に考えれば、この時代にしては非常にラッキーな人生を歩めたはずなのに、弟に負けたということのみにこだわったために人生を終えることになる。リスク管理というより損得勘定がまるでダメな人であった。 なぜラッキーなの…

【秒速5センチメートル】マンガ版の価値について

「秒速5センチメートル」には、小説版とともにマンガ版(原作 新海 誠、漫画 清家 雪子)もある。小説版よりは映画版寄りの展開である。 キャラクターデザイン 映画版とは異なる。ただし、映画版はそもそも背景の精細な描写対比、人物の描写がのっぺりして…

【秒速5センチメートル】落とした鍵の意味

「第三話 秒速5センチメートル」において、貴樹が部屋を出てエレベーターに乗っている際、ポケットから鍵の束を落とす描写がある。このシーンがなぜ挿入されたのか考える。 鍵を落とす直前の描写 流れの中で落とした鍵 落とした鍵の意味 落とした鍵さえも意…

【秒速5センチメートル】"桜"が登場するシーン

「秒速5センチメートル」は、短編三部作である。その第一話タイトルである「桜花抄」にある、桜花とは何を指すのだろうか。 第一話 桜花抄 冒頭 図書室に舞い込む桜の花びら 岩舟駅校内ポスター 雪の中訪れた桜の木 第二話 コスモナウト 第三話 秒速5セン…

【秒速5センチメートル】小説版とは何か

「秒速5センチメートル」には、小説版がある(マンガ版もあるが別途)。 詳細はこちらも別途考えるとして、ざっくりその存在意義と位置づけを見ていく。 なお、小説版は角川文庫版を元にしている。 映画版との関係 作者あとがき 内容的比較 画でしか表現で…