Golden Time

時はお金で買えません

【キワドい2人-K2-】第3話 一期一会の関係

裏読み的考察としては、見るべきものは無かった回に見えるのだが…何かあるのかな。 まあ、「カネ恋」に続いて同じ週に末広がり拝めたから、そこは見るべきものだ!いいもの拝めた! セカイノオワリという感じのアポ電強盗 犯人たちお面被ってるのか。こんな…

【カネ恋】猿の小皿のお迎えと猿渡慶太のお迎え

‪玲子と慶太の猿の小皿に対するスタンス。玲子にとっては1年半越しで買う準備が整った唯一無二の品。慶太にとっては適当に入った雑貨屋で、適当に見繕った内の1枚にすぎない皿。このギャップは、2人のお金に対する考え方、生き方を象徴している。最初から…

【カネ恋】なぜかオリジナルと反対の猿の小皿

「おカネの切れ目が恋のはじまり」における、玲子が1年越しに買おうとしたら、まさにそのタイミングで慶太がキャンプで使うマヨネーズ皿として買い使用後捨ててしまった、あの小皿。慶太がそのレプリカを作っていると思ったら…酷いことになってた。 実際の…

【カネ恋】「ムダこそ宝」の意味

TBS「おカネの切れ目が恋のはじまり」の第2話に出てきた社長室の額。ここに「ムダこそ宝」とある。 【図1】「ムダこそ宝」の額装(シーンの該当部分拡大抜粋) これは、恐らく社是、もしくは社長の座右の銘であろう。少なくとも猿渡富彦社長はこれに従って…

【カネ恋】第2話 消費 浪費 投資の区別がつかない人達

全4話なので、これで折り返し。やはりどう見ても早い。この第2話では、経理と経営の視点の違いが浮き彫りになる(というほど大げさなものではないけれど)。 ムダこそ宝(矛盾した心) 社長室の額の文句「ムダこそ宝」は、少し理解が難しい。書かれている…

【キワドい2人-K2-】第2話 互いにバディ解消を言う回

ちゃんとしてそうで詰めが甘い神崎。実は神崎は何かを思いつくと、それを熟考する前にそのまま行動してしまう。しかし黒木は、何か事実を知ってもすぐには動かない。つまり考えてから行動する。一見、キャラ的には逆に見えるが、理に従って動くのは黒木とい…

【未解決の女】同じドラマと思えないコメディとギャグのレベルの差

このドラマは、本当に百戦錬磨な役者さんが揃っていたので、わざわざコミックリリーフ役を置く必要がなかったはずの陣容。それに加えて古賀室長(沢村一樹氏)をコミックリリーフ専担として置いている。草加慎司役の遠藤憲一氏も言わずと知れた硬軟共に演じ…