Golden Time

時はお金で買えません

【直ちゃんは小学三年生】第1話 設定から無理があって楽しいのだけれど…飽きそう


髭面の小学三年生…もうこの設定だけでOK。行動もそれらしい気がする。しかし…何か飽きる。コントを見ているような感じで、これを何話も見たいとなるかは、分からない。とりあえず、今のところは視聴継続する程度には面白いと思うが、最終回までこの気持ちを維持できるかは分からない。

時代設定

学校からのプリントによると、令和2年11月。コロナ禍の下の話か。その割には、誰もマスクを付けていない。しっかりした家の子に見えるきんべは、マスクをしていても良いように思う。それに、緊急事態宣言を経た時期なので、その辺りの話題も全く出ないのは変。

遊びはメンコ

…なんだけど、誰が大きい音を出すか対決になってる。しかもこれは、NORUMOという交通系ICカードだったと。このあたりは、田舎の子は、遊びも昔の遊びという変な固定観念からきているような気がする。NORUMOなんて、皆知っているでしょ?知らない田舎はあるのか…?

裏読みどころか

感想か続かない…このドラマ、日常系すぎて、かつストーリーもゆるやかな起伏しかないので、考察しようがない。