Golden Time

時はお金で買えません

【キャンディ・キャンディ】最終的に結ばれた二人


キャンディ・キャンディは、恋愛話中心の悲劇であり喜劇である。キャンディ以外にも多くの者が恋に落ちている。

では、このストーリーの中で登場した恋愛の結末はどのようになったのかみてみる。

対キャンディ

誰も成就できなかった?

アンソニー

相思相愛なれど、落馬により死別

テリィ

相思相愛なれど、スザナの事故に責任を感じキャンディとテリィ合意の上、別離

ステア

見守り続けるのみで終了

アーチー

アプローチするも、かわされ続け終了

ニール

いつの間にか恋に落ちていて、急展開を狙うが自業自得で終了

アルバートさん

養女にするという必殺技を使うが、そもそもアルバートさんとキャンディの仲は恋愛なのか、もしくは、将来的に恋愛になりうるかの描写なし。養女にしたら結構できないとかいう法律がありそうな気もするので、法的にはダメかも。ただし法から離れた精神面では可能性は残る

対アーチー

その他大勢の適齢期女性

アーチーはモテるそうなので、多くの女性がアプローチしたはずだが、具体的描写なし

アニー

「キャンディ・キャンディ」唯一の恋愛成就者(物語終了時点)。アニーは幼少時にはお金持ちにもらわれたいと語るなど、野心というかブランド主義というか、幸せに形を求めるタイプであり、恋愛も、「キャンディ・キャンディ」に出てくる男性の中で唯一何も持っておらず、何もせず、害もなく、ただおしゃれなだけの美形であるアーチーに目をつけ、成就。この作戦は良いかも。資産は既にブライトン家の養女になったことで得ているので、恋愛対象に資産を有することという条件が入らない。だから外見や性格のみを求めることができ、選択肢が増えている。そのアニーには、何もせず、害もなく、ただおしゃれなだけのアーチーはピッタリだったのだろう

対テリー

スザナ

偶然の事故を利用して形式上結ばれたが、真の心の結びつきがあまりないまま継続

キャンディ

互いに相思相愛なるも、自責理由なしに別離

イライザ

エア交際に終始

対ステア

パティ

相思相愛。一番安定的なペアであったが、しかしステアが戦死し死別。これ、アンソニーとキャンディの恋愛より年齢が上での出来事であるので、一層キツイと思われる。主人公がキャンディなので仕方がないが、パティの悲恋は個人的には「キャンディ・キャンディ」で一番悲しいものである

対イライザ

だれも向かわず。ただし、睨みつける顔でないなら、キャラクターデザインは結構美形であり、意外に思えるがよく見ると明るく社交的な性格であり、物語の配役上憎まれ役であるので、かわいそうにも思う

結論

数多の恋愛が描かれながら、幸せなまま最終回を迎えたのはアニーとアーチーペアのみ。これは酷い。