Golden Time

時はお金で買えません

【エースをねらえ!】表紙に描かれる人について考える


「エースをねらえ!」は全18巻である。それぞれの表紙に描かれた人について考えてみる。

f:id:cure_researcher:20190712041633j:image

各巻で描かれた人

巻数 描か
ひろみ、ひろみ
お蝶夫人、ひろみ
宗方コーチ、ひろみ
藤堂、ひろみ
ひろみ、ひろみ、
宗方コーチ、藤堂、ひろみ
藤堂、ひろみ
宗方コーチ、ひろみ
お蝶夫人、ジャッキー、ひろみ
10 ひろみ、藤堂、宗方コーチ(三つ巴)
11 宗方コーチ、ひろみ
12 ひろみ
13 藤堂、ひろみ
14 ひろみ、藤堂、ひろみ
15 ひろみ
16 ひろみ
17 ひろみ、藤堂
18 ひろみとゴエモン(?)

ひろみは主人公だから皆勤賞であったり1つの表紙に2カット入っているのは良いとして、藤堂7回、宗方コーチ5回、お蝶夫人が2回、ジャッキー・ビントとゴエモン(?)が1回ずつ。見事な偏り。というか、このメンツを見ると、ジャッキー・ビントが食い込んでいるのが奇跡のようだ。まあ、よく考えれば、ひろみのダブルスの相手なので、ひろみにとって重要人物ではある。しかし、物語の上では、他にも重要人物はたくさんいるのに…例えば、桂コーチ。

桂コーチが表紙にいないこと

桂コーチは、少なくとも11巻以降、つまり第2部では、宗方コーチのポジション、つまり「エースをねらえ!」での準主役ではるはずである。その桂コーチが表紙を一度も飾れていない…何故なんだろ。まあ、坊主設定なので、髪を伸ばしても短髪であるし、ルックスに華やかさはないからなぁ。表紙次第で売り上げも変わるだろうし。まあ、物語中でも、宗方コーチの夢の総仕上げ役で、その意味で宗方コーチよりインパクト弱いし、もともと宗方コーチに負い目を感じているという設定の桂コーチだから…そういう諸々が重なって、表紙を飾ることができなかったのだろうか。

表紙に登場する人とタイミング

登場する人は、それぞれ、その巻における重要人物である。また、その視線、表情にも意味がある。このあたりは、まあ、連載マンガならば普通のこと。ただ、結果的に、ひろみ・宗方コーチ・藤堂の限られた3人しか重要でなかったというだけである。しかし、お蝶夫人さえ入り込めないというのは意外である。

第1部と第2部

第1部は10巻の内、藤堂4回、宗方コーチ4回、お蝶夫人2回、ジャッキー1回である。
第2部は8巻の内、藤堂3回、宗方コーチ1回、ゴエモン(?)1回である。
これも傾向があり、藤堂は偏りなく登場しているものの、宗方コーチは、第1部のつなぎ的に登場するも、それ以外は最終第18巻のゴエモン(?)まで誰も出ない。

表紙は依存を表しているのか?

表紙にひろみとともに描かれる人物は、その時点で、ひろみが精神的に何らかの影響を受けている人物、特に依存している人物なのではないだろうか。そして、テニスラケットを持ったひろみが、ゴエモン(?)と2人で写っている最終巻こそ、ひろみが誰かの依存から脱し、1人で立ったことを表しているのではないだろうか。