Golden Time

時はお金で買えません

【恋せぬふたり】第1話 舐められることに敏感な高橋


新奇なようでドラマとしては陳腐な恋愛感情ない者同士の同棲もの。しかし、なんというかメインの二人のキャラが全くすれ違っているのがストレスではなく、片方が足りないところをピッタリ補完し合う感じで面白いと思ってしまう。メインのストーリーではなく、個々のキャラの不完全さと2人のバラバラさが、もっと見たいと思わせる。

恋する肉じゃが

いやいやいや、恋しない人間はいないから恋というネーミングつけたら売れるという考えがちょっと。これは咲子ではなくとも違和感。別れたばかりなら恋というネーミングに抵抗があるだろうし、恋したくても上手くいかない人もいるし。ただ、そんな発想だから、後輩くんはその直後に咲子に逆襲される。そりゃそうだよ、商品ネーミングは360度視点で考えないと。

豆苗

食べた後、水をやると再度収穫できる豆苗。咲子の実家のキッチンにあるのリアルで良い感じ。しかしさすがNHK。立派に育っている。素人がやるとそこまで上手く伸びないんだけど(体験談)。

高橋さんを演じる高橋一生氏

高橋さんを高橋氏が演じる。何で役名を同じにするかな。

婚姻届に判を捺しただけですが

2021年度秋ドラマのこれがチラついてしまう。こういうの、後の方が不利というか何と言うか。二番煎じ感は否めない。好きというわけではない男女が一つ屋根の下に住むドラマという括りでは同じだから。しかも、結婚願望がない二人という点でも同じであるし。しかし『恋せぬふたり』の方はコメディではなくシリアスにテーマに取り組もうとしている印象。

咲子は空気読めない迷惑者

こいつ恋愛抜きにして付き合いたくないキャラだ。逆にそういうキャラを高橋の相手キャラとして持ってきたの良いな。好きになれないキャラだけど。

高橋の家でも上着を脱がない二人

暖房ないのか?外で作業していた時は高橋はシャツにエプロンだったのに、この地方では夜は極端に寒いのかな。高橋の祖母の家ということで断熱材の無さそうな古そうな一軒家のようだし、寒いよね…ってどこの地方の設定か知らんけど…と思ったら、高橋の語るターンになったらジャケット脱いだぞ!意味あるのかよく分からないが。

高橋がおばあちゃんに育てられたというの、分かる。押しかけてきた咲子に対してさえ紅茶を出すし、誰かにいただいたお菓子を出そうとするし。高橋、謎。ただ、咲子に恋愛感情抜きの家族になろうと言われた時は動揺したらしく、出そうとしたお菓子をまたしまっていた。こういう細かいの好き。

高橋一生氏の今回の演技

最高じゃん!なんか変な演技に思えるのだけれど、役に合う。これはもうハマる。