Golden Time

時はお金で買えません

【先生を消す方程式】義澤を埋めた穴にあるパイプ


義澤は、30分番組の3話分という短い時間を使って、味方を作ったから消されずに済んだということなのだろう。

パイプ

義澤が埋められる際、穴の端にパイプが立っている。これ、劇中の話ではなく、リアルな撮影上の危険から田中圭氏を守るためと思っていたが、これ、空気確保用と考えられないか?このパイプから義澤に空気というか酸素を提供するという。

義澤は脈がない

但し、その場合、義澤は呼吸することのみならず、自力で酸素確保の行動を取らねばならない。ところが、頼田がナイフで刺した後、脈と呼吸を確認していたようであり、両方とも止まっていたとしたら、呼吸は止められるとしても、脈は無理なので、自力で酸素を確保することは出来ない。これまで人体の限界を越えてきた義澤であるが、脈が無いのに動ける理屈はないだろう。

空気送風

無理に考えれば、パイプから強制的に空気、もしくは酸素を送ることで地中の酸素濃度を高め、呼吸を可能にする…だが、実現性はなかなか厳しい。

仮死状態出会った可能性

幸いなことに、この話、命くんが居合わせている。そもそも、義澤の呼び出しを事前に知らせに来たのは、命くん。命くんは、怪しげな科学を学んでおり、人を瞬時に仮死状態に陥らせ、一定時間後にまた呼吸を戻させる薬を持っていた可能性はある。ロミオとジュリエットである。そうであれば、頼田が脈も呼吸も無いことを確認した後、呼吸を戻すことは可能。これでパイプから酸素を受けたと。

誰が掘り出してくれるか

義澤は、仮に酸素供給を受けたとしても地中に埋められた場合、自力で外に出てくることは無理である。誰かの手を借りる必要がある。
既に刀矢以下の4セレブは、頼田を完全に恐れており、彼らが救出した可能性はある。また、これまでいつも義澤のピンチを救ってきた町子先生が現れた可能性はある。

埋められても生存している可能性はある

以上から、義澤は、息の根を止められ、地中に埋められたが、それでもなお、生存している可能性はある。