Golden Time

時はお金で買えません

【ネメシス】第6話 第4話に続きまたも落下殺人。落下にこだわりあるのか?


youtuberに対する、このドラマ制作陣の悪意もしくは敵意がありありと分かる回でした。ここまでやるのかと言うほどに、人間的に悪く描いている。ただ、youtube好きの視聴者も多いだろうから、あからさまにyoutuber敵視を提示する勇気は無いようで、悪人を明るく描き、しかも櫻井翔氏演じる風真を横に置くことで、明るい動画の中に暗いものがあるよと言う演出をしているのかもしれない。意図とは裏腹に、風真の人間性の低さを描く演出になっているが。言動が愚かなのと、人間性が低いのは違う。しかし、たじみんの動画に何の疑問も感じずノリノリで参加する風真は、人間性の低さを露わにしてしまう。これ、分かってて演出しているのだろうから、今後、風間という役にシリアスさを求めることは難しくなったといえる。

暴露系動画配信職人 たじみん

迷惑千万なやつだなコイツ。しかも誰も止めないのが最悪。

カザラップ

何やってんだこのバカタレ…。

というセリフを栗田を演じる江口洋介氏に言わせているが、サクラップをこんな形で消費する方が何やってんだなのだけれど。これをファンは喜ぶのかぁ。タカ&ユージで分かる通り、一度ならともかく、何度も同じネタを消費するよ、このドラマは。俳優に言わせるだけのネタは、頭使わず、コストも使わずできるから。何やってんだこのバカタレ…なんて自虐ネタ入れ込んでいる場合では無い。

行方不明者調査のネット配信に探偵が加担し警察も公認

ありえないだろこれ。風真はどうもその辺りのモラルに欠けているようだからあるとして、警察公認はない。風真ダメじゃん。まだたじみんが犯人と分かっていないのだから、犯人を刺激する可能性があり、配信に加担するのはまずい。それより、警察の捜査だろ。警察がどの段階で絡んだのか不明だが、この段階で絡んでいるなら止めろよ。警察と風真たちがシナリオを共有しているとは言え、人が殺されかけているという生々しい実況動画を放置するのおかしい。スタジオにセット作ってる場合ではないだろ。うーん、相変わらずのシナリオの杜撰さ。

たじみんは久遠光莉の命など何とも思っていないし、それを諌めるべき風真も、何がまずいか分からない探偵であるということがわかった。

最後、模造ナイフと分かって、たじみんは光莉殺害を諦めるけれど、本当に破れかぶれなら、殴って骨折させた上で更に人質に取る等、やってきてもおかしく無い。本当に殺す気なら、床に光莉の頭を叩きつけるのは、あの場面では可能だった。確実に殺害できた。しかしたじみんはしない。シナリオありきで動かされるキャラだから、行動が中途半端。

タカ&ユージ

抑え気味だが、お互いの呼び合いはやってる。どうしてもあぶデカネタをやりたい、もしくは何かの契約上やらねばならないなら、この程度なら許容範囲ともいえるが、普通に刑事役で良いのにとは思う。演じる俳優が可哀想というか、もはや失礼の域。

犯行現場予測

AIで瞬時にわかりましたというの、どうなのだろう。今回の謎解きは、場所の特定は重要ではないから良いとしても、AIだから何でもできるで済ますの新感覚すぎる。

全てセットでした

これ、できるわけがないとしか思えない。なぜこれが必要だったのか。たじみんの犯罪と言うだけの本格トリックを製作側で思いつくことができないからということだろう。ドラマの中ではセット作るの大変だったやね…みたいなこと言っているが、ドラマ外の製作現場としては、同じセットのままだから何もしなくてよくて安上がりということ。ホント手抜きが過ぎる。

もしこのトリックに意味を見出すとすれば、youtubeも含む、動画が真実を映し出しているという考えは間違っているというメッセージかも知れない。恐らく製作側はそんなこと意図していないだろうが。

新しい推理もの?

『ネメシス』は、敢えて推理ものとしては、よく言えば、これまでと違う解決方法を狙ってきているということなのだろう。

それで視聴者が新鮮味を感じられれば成功だろう。しかしその試みが、新鮮さではなく、考慮のなさ、実現性の無さ、強引な作りを感じさせる状況になっている。新鮮味というより、手抜き、推理物として成り立たせる能力が不足しているだけにみえてしまう。新しい試みを苦労して行うのではなく、新しい試みの名の下に、安直な作りになっているように見える。推理もののお作法を全く知らない人が作ったらこうなるみたいな。製作側は、難解なトリックを強調するが、ゴールデンタイムのバラエティのパズルを見せられている感じ。パズルには人の感情は要らないが、ドラマには必要。さらに、本格トリックではないから、1つのドラマに複数の謎が入ってくる。1つのトリックでは視聴者の満足度が弱いから。そう言うクイズネタを繋ぐことを難解なトリックと呼ぶことからして新しいと言えば新しい。

ブレインの必要性

死体落下を殺人トリックに使っているが、これ、ネタは違うが第4話の学校教師殺人と同じ。たった1クールの中で、同じ落下殺人を扱うの、新しい試みというよりホントネタ構造力無しなのではないだろうか。事件のトリックについてブレインを入れた方が良いドラマだなぁ(クレジット見て言ってる)。