Golden Time

時はお金で買えません

【舞いあがれ!】第24回 体重は気まぐれ


一進一退に見えながら、着実に進んでいる記録挑戦のフライト。サークルメンバーが団結したことが分かる回だった。

「何で増えてんの!?」

過酷さを増すトレーニングをしたのに体重が増えてることに気づいて叫ぶ舞。いや、このセリフいいな。

夏休みになって舞のトレーニングがますます過酷になって…筋肉がついたからだな。脂肪が筋肉に変わったのだと思うよ。

体力測定結果も芳しくなく…

190ワットで29分。50分漕ぐ必要があるのに目標に届かない。さてそこで出てきたのが、180ワットに減らして60分漕ぐようにするよう設計変更すると。人力飛行機のこと分からないけれど、なんとなく大変なことと、目標を変えずに代替手段があるということが分かった。工学技術と人の体力の兼ね合いなのねと。

朝食がプロテインのみに

プロテインの牛乳割りかな。プロテインの代名詞的なSAVASのカップみたいでSAVASではないカップで飲んでる。NHKなりの微妙なリアリティ出してる。

その横で、浩太はたっぷりジャムをつけた食パンを持ってる。つけすぎだろというくらいジャムつけてる。

漁港に交渉に行ってくると言って舞と由良を2人にする鶴田

2人きりにする演出良いな。舞は自転車あるし、由良は松葉杖なので、琵琶湖に2人で行くには鶴田が必要だったが、このシーンに鶴田はいない方が良いので、漁港に用があるというの良い。で、漁港に何しに行くのかと思ったら、船を借りるのか。お金は払うにしても、よく交渉したな鶴田。地味ながら貢献度かなり高いぞ!

怖いと言う舞

やれること全部やってるつもりなのに上手くいってないことを気にする舞。また皆の作業を増やしていることも気にしている。皆の努力を台無しにしないかと、考えないようにしても考えてしまうことが怖いと言う舞に、考えたらええやんと全肯定する由良。確かに必要なのはそういうアドバイスなのだろうな。

飛行機は向かい風を受けて高〜く飛ぶんや

おお、これが制作が言いたかったキラーフレーズか!

ジャムを食べたい舞

お婆ちゃんのジャムが食べたいのか。それはそうか、舞がプロテイン飲んでいる時に、両親がたっぷりジャムをつけて美味しそうに食べているからね。

作り直しを厭わないサークルメンバー

刈谷不在の時のパイロット変更に伴う設計変更では負担を押し付けあっていたサークルメンバーだったが、刈谷復帰後は、ワット数削減に伴う設計変更の作り直しも厭わないどころが自ら変更を申し出るように。なにわバードマンが1つになったと言うことか。