Golden Time

時はお金で買えません

ハコヅメ

【ハコヅメ】最終話 でも、大臣も高級官僚も出てこない日常感

コメディだけれどやはり最終回はシリアステイストが強い。コメディ要素は、あるにはあるが、ベテラン鑑識長と新任巡査になりきった鑑識作業掛け合いや、車内でコーヒーをこぼすくだり、守護天使と出会った際の川合のやりとりと、重要でシリアスなシーンに取…

【ハコヅメ】第8話 藤さんには私がついてますからと言う川合

シリアスな話とコメディの混濁。今回は、最終章に向け、桜についての話を進める必要があるためストーリーにいつものようなキレがないように感じる…が、これは計算された構成、クライマックスで大きくジャンプするためにかがんでいる動作…のはず。レストラン…

【ハコヅメ】第7話 広義の性に関する話が何故か重なる回

広義の性についてがテーマの回なのか?異性の相棒との接し方、変質者騒動から赤ちゃんの誕生まで扱っている。余りに色々な切り口で性について扱うのなぜなのだろう。性に関することという以外に共通点が見つからないように思うのだが。 緊急招集の理由 砂漠…

【ハコヅメ】第6話 女性警察官はプリキュアではない

少しずつ来ていたが、今回で一気にシリアス度が増している。桜さんの現在についても少し描かれた。コメディでシリアスはいらないと考えているが、『ハコヅメ』は例外である気がする。警察官にシリアス要素が無いわけがなく、コメディとシリアスが同居しうる…

【ハコヅメ】第5話 警察官の恋

合コンも初デートも途中で切り上げなければならない仕事。そんな仕事の中で、恋愛を成就するのは、確かに同業者と結婚するのが良いのかなと思ってしまう。しかしそれは組織内の旧弊だから、打破しないと。それにはチンピラ大奥の力が必要。頑張って! 合コン…

【ハコヅメ】第4話 コメディの中に潜むシリアス

コメディとシリアス。水と油の関係で両立は難しいもの。しかし『ハコヅメ』は刑事ものなので、そもそも扱う内容がシリアス側だからコメディとシリアスを両立させることができるのかもしれない。 汗臭いが今回のテーマなのか? まずは川合が汗臭いからシャワ…

【ハコヅメ】第3話 麻依に温かい先輩警察官たち

被害者と被疑者の人権を守るための覚悟。かなりシリアスで突っ込んだ内容のような気がする。題材からしてセンシティブなものなので、コメディではあるが、これまでの他の回と比べると笑いの成分は、質量共に抑えられている印象。とはいえシリアスすぎるわけ…

【ハコヅメ】第2話 窃盗犯と暮らす女のためにできること

物語の終盤近く、窃盗犯と同棲していた女のために自分ができることをしようとする真顔がカッコいい麻依。付き合ったこと無いんですと言ってハチャメチャだったオープニングの尾行シーンとの対比になっているような、ないような。 色々事件は起こるが、大事件…

【ハコヅメ】第1話 独特のペース感が心地よい

麻依の髪型最高!…第1話の一番のインパクトはこれ。他には、独特の時間の流れ。キャラも背景も何も分からない第1話の最初から、シリーズ化したドラマみたいな感じで鑑賞できた。程よくアクションも入っている。登場人物も初めて観るのにドラマ世界に没入で…