Golden Time

時はお金で買えません

日本沈没

【日本沈没-希望のひと-】最終話 ご都合主義でも何でもストーリーを強引に閉じたもん勝ち

最終回2時間スペシャル。最終話はもうご都合主義のオンパレードでストーリーを力技で閉じて行く。天変地異と戦う話であり、物語を閉じないといけないから仕方がない面はあるというか、これで良い。 関東沈没後の東京 相変わらず東京に多くの人がいるな。マ…

【日本沈没-希望のひと-】第8話 もう次回最終回。話はまとまるのかな?

もう次回最終回ということだが、話に決着がつくのだろうか。色々勃発しているが、日本沈没という事実の前には無に等しいということか。確かに日本沈没という設定は、いざとなったら、急に日本を沈没させてしまえば、移民交渉も親子の話も何もかも描写が途中…

【日本沈没-希望のひと-】第7話 清濁併せ持つ人の必要性

第7話前半のジェンキンス教授のエピソードと、後半の日米交渉のエピソードは、全く違う方向のスピード感がある。緩急をつけるや、一本調査というのとは違う、スピードを保ったまま方向を変える形で次々と話が進み、緊迫感を持続したまま終わる。 田所博士と…

【日本沈没-希望のひと-】第6話 天海の食生活はそれほど悪くないはず

データ次第でその時々の予想を変えることに何のためらいもない田所博士に振り回される政治家と官僚という図式。田所博士もDプランズ社との繋がりが見え隠れし、発言に学問としてではない意図がある可能性も出てきて、信用できるものがなくなった。 関東から…

【日本沈没-希望のひと-】第5話 田所博士のターン

天海と椎名がタッグを組み、許されないことだが情報を国民にリークし無理やり官邸を導いたお陰で、避難を開始できたから多くの人の命が救われたということだが…何で当の天海の妻・娘と椎名の母は、そんなにギリギリの避難になったのだ?ギリギリ過ぎるのは何…

【日本沈没-希望のひと-】第4話 地が固まるための雨

サクッと話は進んで行く。山あり谷ありなのだが、サクッと進んでいる感じ。そしてまだ折り返し地点なのに日本は沈没し始める。沈没までサクッと進んでおり、悲壮感というかリアルさはない。ゲームみたいな感じでビルが倒れている。この淡々とした感じは意図…

【日本沈没-希望のひと-】第3話 最初と最後の5分観れば全て分かる

今回は、日本沈没に対する地学的な進展はなかった。その代わり、人間の得た情報に進展があり人間が翻弄された。天海も、総理も、国民も。副総理さえも。既に情報が漏れた場合、隠そうとした側はどういう行動に出るのか?これが次回のテーマなのだろう。で、…

【日本沈没-希望のひと-】第2話 人間ドラマメインの回と思ったらやはり…

物語が進むペースが速い。日之島が第1話で沈むのだから。そんなスピード感の中での第2話。次は何が始まるのかと思ったら、人間ドラマが始まりそのまま終わった…今回は何も起きないかと思いきや、最後に、1年以内に関東沈没が始まるとかいうとんでもない話…

【日本沈没-希望のひと-】第1話 天海の立ち位置が今ひとつわからない立ち上がり

感情的な描写は極力控えて、淡々と出来事の推移を描いていくスタイルは、日本沈没というテーマにはぴったりな感じ。 Celstec 二酸化炭素を出さないエネルギー物質ということだが、架空の物質。こう言うのあれば良いのだけれどねぇ。 空虚な日本未来推進会議 …