Golden Time

時はお金で買えません

青のSP

【青のSP】最終回 謎と驚きが良い塩梅なドラマだった

毎回個々の事件が起きて、解決しながらも小川先生の死の謎を追いかけてきて、それが最終章に繋がってるの、良い塩梅だなぁ。フラグフラグのドラマとは違うシンプルに謎解きが進むの良い感じ。 木島校長 生きているのか。良かった。『アノニマス』では死亡し…

【青のSP】第9話 モンスターは親だけではない

尾崎教育長来たね。尾崎さんのお父さん。今は違う家庭持ってるのかぁ。 嶋田はやっぱり飛ばされるのかな…というセリフ 体育教師音尾くんのこのセリフ。そもそも嶋田本人の意思はともかく、見たところ 飛ばされてこの学校に来たみたいなものなのに。まあ、他…

【青のSP】第8話 小川先生の軽すぎる命

小川先生、学校の事件に首突っ込みすぎと言える。細かい事件の積み重ねで、そのうちの1つによって自転車のブレーキを切られて殺されたということになる。しかし、巨悪はそれとは異なる事件の先にいるという設定。これがクライマックスに向けた盛り上がり、…

【青のSP】第6話 強盗致傷

子供の介護負担…、なかなか重い話題を出してきた。 浅村先生 この先生の正義は、机上では間違ってはいないが、理想過ぎて、現実では自分の首を絞めたということか。これから、嶋田との関係はどうなるのだろう。これまでが敵対で、今回がニュートラル、次回か…

【青のSP】第6話

小川先生が嶋田の恋人だったという情報小出していたが、ついに解禁か。それに加えて、また新しい問題が職員室に出てくる。赤嶺中… 安定の早朝盗聴 色々知らなくてよいこと知っちゃうだけなんだけどなぁ。まあ、趣味なのだろうな。 小川先生 なかなかな人だっ…

【青のSP】第5話 陳腐な展開

ああ、亡くなった小川先生は、嶋田の恋人だったと。この展開はつまらない。ありきたりすぎる。これ、一捻り隠されていなかったら、悲しすぎる。 いじめは、いじめと言う限りなくならない 嶋田のこのセリフはその通りだろう。暴行、傷害という、刑法犯に該当…

【青のSP】第4話 盗撮にまつわる2題

盗撮動画に関する2つの話を1話の中に上手くまとめた第4話。これで校内一斉点検になって嶋田が仕掛けた盗聴器が続々発覚…という展開にならないのが、ドラマだなぁ。木島校長、そういうところが、ダメなのですよ。あと、正義感の塊のつもりでいる浅村先生も…

【青のSP】第3話 ステッカーはいらなくてもキーホルダーはほしいJC

小川先生の話が軸なのだろうけれど、脇の話が邪魔してよく見えない。 嶋田が見た倒れた人と自転車 これ、結局何だったのだろう。 スポーツショップ 店員の持つシューズの箱のブランド名が、「lallapallooza」となっているが、これ、架空のブランドっぽい。 …

【青のSP】第2話 嶋田も現行犯逮捕されるべき

まあ、そういうドラマだから仕方ないけれど、警察がいるというのに、相変わらず問題を引き起こす生徒たち。学習しろよ。しかし、罪を問われるのは、意外なとこから出てくる大人限定で、生徒は逮捕されても開放される。なかなか素晴らしい徹底ぶり。 盗聴問題…

【青のSP】第1話 頭を下げることに対する価値観がテーマ?

教師と警察。この2つの立場の違いからくる価値観、行動のギャップが、このドラマの面白さなのだろう…が、好みが分かれるのではないか。このドラマは、エンターテイメントと重いテーマが共存する。『青のSP』は、このギャップが何で、どこから来るのかを明…