Golden Time

時はお金で買えません

ドラゴン桜

【ドラゴン桜】最終回 ご都合主義にしかならん

受験モノは、どんな結末だったとしても、ご都合主義としか思えないのは仕方がない。その意味で最終回はなんだかなとなる。これは受験モノドラマの宿命。。 藤井くん 痩せた?良い人キャラになったら、顔つきからも太々しさがなくなった。藤井を演じる鈴鹿央…

【ドラゴン桜】第9話 時間が急に飛んだ感じ

話数が少なくて大変なことになっている。学園売却も、受験もまだ物語の立ち上げ期の感覚でいたが、もう佳境に入っている。最終回直前だからなぁ。話数が少なすぎる。しかも、東大入試の展開は、お約束的なものが続き、全く意外性のものがない。ちょっとスト…

【ドラゴン桜】第8話 早慶より東大の方が可能性がある?

親の期待と本心をはかりにかけず、両方こなそうとするのは、期待と本心のレベルによるな。オリンピックと東大合格を両立するのは、流石にバケモノしかできない。そのバケモノを目指すために楓は自分で人生設計をしている。本気で親と向き合う…まあ、どっちか…

【ドラゴン桜】第7話 藤井の優しさが出た回

藤井は本当は良いやつというのを限られた話数でこなすための回というのは影のテーマで、表のテーマは早瀬のドタバタ回。焦ってパニックになる早瀬はほんと良いキャラ。しかし役としてなら良いキャラだけど、実際早瀬のような立場に置かれたら大変。とにかく…

【ドラゴン桜】第6話 合格がカウントできそうな2人の加入

藤井と小杉という合格者として数えられそうな2人が東大専科に加わった。東大合格者を勝手に予想すると、今のところ、小杉(親の無理解下でも学年トップ)と健太(実は天才キャラ)は当確で、藤井(登場時の印象の悪さから不合格にしても問題ない扱いされて…

【ドラゴン桜】第5話 健太が藤井をぶちのめすための回

藤井くん咆え過ぎ。勝負前も勝負後も口が過ぎる。口は災いの元ってことわざ知らないみたいだから、藤井くん小学校あたりからやり直しだな。 スランプの藤井くん 勝負に負けて以来、スランプに陥ったというのは、学校としては命取り。進学実績を上げる戦力が…

【ドラゴン桜】第3話 収穫は坊主2人の学習意欲

東大専科が日常化するための回。ようやくクラスとして落ち着いたという感じ。 これよ!スタディサプリ! 「これよ!スタディサプリ!」なんて水野に言わせているが、観ている方は、「これよ!タイアップ宣伝!」としか思えない。 瀬戸くん 素直すぎて怖い。…

【ドラゴン桜】第3話 最初の授業と最初のテスト

4人の生徒で始まった東大専科の最初の授業。ああ、楽しそうだな。目的のない高校生にはこれが居場所なるし、こういう青春良いわ。ただ早くも1人脱落の危機という困った事態になる。瀬戸くんさぁ、自分で解決しようとせず、誰かに相談した方が良いよ。罪の…

【ドラゴン桜】第2話 ネメシスより刑事ドラマな感じ

1話完結で1つのエピソードを完結させながら、それと繋げて全体の物語も進ませていくの心地よい。刑事ものドラマよりハッキリ崩すべき謎を事前提示し、その上でしっかり事件を解決の上、物語もちゃんと進んでいる。 不登校ゼロの学校で不登校2人 例の2人…

【ドラゴン桜】第1話 何故か普通に感じる普通じゃないドラマ

ラストにとんでもない演出あったけど、なぜか普通のドラマって感じの展開にしか見えないの、阿部寛氏ドラマだからなんだろうなぁ。確かにこれは普通のドラマではないけれど、阿部寛氏のドラマとしては普通な感じだから。期待というのとは違う気がする。もは…