Golden Time

時はお金で買えません

麒麟がくる

【麒麟がくる】最終話 麒麟…来たのか?

何だか分からない。麒麟って来てないと思うのだけれど…初回から最終回まで、毎回、「麒麟がくる」と書かれていたはずだが、ついに来なかった。来る来る詐欺? 律儀な光秀 関係者の多くに信長を討つよと合図を出してたの、光秀は律儀?すぎる。そのせいで、時…

【麒麟がくる】第43話 腐った鯛が登場しない合理性

本能寺の変の切っ掛けを、このドラマでは、1つに断定せず、複数を匂わすことにしたようだ。 ・信長の妻帰蝶の助言 ・天皇、将軍、家康への思い ・秀吉の陰謀 ・信長からの責め 帰蝶助言説 帰蝶の父道三であったらどうしたかと言う質問を帰蝶にすると言うア…

【麒麟がくる】第42話 「離れゆく心」とは、誰の誰に対する?

将軍義昭の意見を聞かねばなどと言う発想自体が、信長には面白くない。 釣り対決 信長討伐の手紙を諸大名宛てに書いていた人物とは思えぬ。もう諦めたと言うことなのだろうか。ただし、鯛は1日に1匹は掛かると言っている。この鯛が、表現上、光秀を表して…

【麒麟がくる】第41話 正親町天皇と信長に惑わされる光秀

真面目な光秀が、真面目ゆえに、自らの行動の足枷を増やしていく。これまでもそうだが、今回は、それしかなかったという感じの話だった。 戦いの相手は国衆ではなく、足利将軍 非常に回りくどい表現で、ようやく光秀は、戦が終わらない原因は、足利義昭であ…

【麒麟がくる】第40話 自刃した久秀が本能寺の変の黒幕?

松永久秀は、光秀に追い詰められ自害に至った。この流れは、信長と同じ。というより、同じように見える描写であった。しかし、久秀は、喜んで自刃に及んだように見える。あたかも、自分の野望を光秀に託したかのような。 平蜘蛛を手にした光秀 信長が手に入…

【麒麟がくる】三淵藤英と明智光秀の臣下観

三淵藤英は、室町幕府で足利義昭を擁立し最後まで仕えた武将。『麒麟がくる』では、最後まで義昭を立てて信長軍と対峙した。 三淵の忠臣思想 降伏後も、追放された義昭に対し密使を送っていたという嫌疑がかけられ、信長に自害を命じられる。それに対し、降…

【麒麟がくる】光秀本能寺に行ってないってよ!おいおい撮影終わってるぞ!

なかなかこのタイミングでやってくれるな。明智光秀本人は本能寺には行かなかったというのは、非常に痛快である。これまでのイメージが狂うくらいに。 実は対応している可能性 このタイミングで報道されていることが、逆に宣伝になるとも言える。この場合、…

【麒麟がくる】第39話 倒れることが一休みになると

本願寺攻略中に倒れる信長と光秀。完全フィクションのドラマなら、助かるのか?とハラハラしながら観るのであるが、"麒麟がくる"は、歴史モノであり、ここでは死なないことは分かっているので、ドキドキ感は無い。信長も光秀も共に最期は知られているから…

【麒麟がくる】第38話 三淵藤英と斎藤利三と近衛前久

谷原章介氏が退場か…残念でならない。何れにせよ、武士の美学という点で、谷原章介氏は美しい役を得たなと。ストーリー上は、代わりに近衛前久という美学を持った人物が表に出てきて、個人的には満足。 三淵藤英自刃 うーん、将軍義昭の為にスパイをしていた…

【麒麟がくる】遂に将軍と対立し、次は天皇と?

信長は実際に武力を持っている。反発すればどちらかが倒れるまでの戦いになるが、持てる武力が強大であること、これが信長の強さの全てである。そして、信長は、上位者を、最初は立てるのであるが、いつしか立てるのに飽き、横に並んでいると思い、そして上…

【麒麟がくる】第37話 三淵藤英かっこいい回

足利義昭…悲運だし、信玄は無念だろうな。三方ヶ原で勝ってるからなぁ。まあ、信玄は、無念も何も気づかないまま天国行きだったのかもしれないが。ほんと義昭運が悪…あぁ、将軍になれたのだから、幸運か。ただ、収支がトントンになっただけかもしれない。ア…

【麒麟がくる】第35回 義昭、まよいの中で

開始早々、近江坂本の城について気が進まないとか言う光秀。直接関係ないだろうが、そのタイミングで秀吉との対面。 なかと熙子 余計なこと言うなぁ、藤吉郎の母なかは。それで駒が動く…と。結果的には、これを聞いた駒が義昭をいさめようとするわけで、結果…