Golden Time

時はお金で買えません

2022年春ドラマ

【ちむどんどん 】第89話 多江と大城、歌子と智

強引にラストの感動の抱擁に持ってきたが、歌子がやっぱり比嘉家の血を引くと言うのは分かった。体調不良と嘘をついて、沖縄から東京銀座まで連れてくるのはさすがにやっていることおかしい。 披露宴のメニューに『フォンターナ』料理人が協力 沖縄料理させ…

【ちむどんどん 】第86話 素早い結婚へ向かってるの何故なんだろ

愛の時にあんなに時間をかけてのらりくらりして、結局結婚しなかったのに、暢子の時は猛スピードな理由がよく分からない和彦だが、まあそういうことで話は進むみたい。何故なのかが描かれないから、もやもやするけど。 和彦は、結婚がすぐできないなら同居さ…

【鎌倉殿の13人】(30)全成の最期とトキューサと

トキューサのドタバタと全成の最期を並べてくる回…これは観ていて感情揺さぶられて困るわ。 サッカーリフティングの腕を上げた時連(トキューサ) 蹴鞠に無さそうなシュートの腕も上がっていて、というか上がり過ぎて、サッカー指導者の平智康にシュートをぶつ…

【初恋の悪魔】第4話 犯人のことはどうでも良い

このドラマは恋愛もの要素と刑事もの要素の両方を持つが、少なくとも今回は恋愛に比重があり、事件も犯人もそれほど重きを置かれず、恋愛関係が進むことが重視された回だった。それなのに刑事ものとしてもちゃんと成立していて、非常に見易い回だった。 連続…

【ちむどんどん 】青柳和彦の父史彦

重子の話を掘り下げるのならば、父史彦についても掘り下げることになるのではないか。 史彦が戦後沖縄をフィールドワークとしたことと、重子の暢子への態度に何か関係があれば、和彦と暢子の結婚を認めない理由がそこにあるとすることができる。そうなれば話…

【ちむどんどん 】第84話 『フォンターナ』の騒動に絡めた大城・三郎の昔の恋話

暢子・大城、和彦・三郎の2組に分かれ、なぜか大城オーナーと三郎の昔の恋の話を聞く回になった。それは想像の範囲だが、和彦が、走って『あまゆ』に帰りながら、三郎に『フォンターナ』の危機について話さずに恋バナ始めるのは、さすが和彦という感じ。突…

【ちむどんどん 】第82話 どうでも良い『フォンターナ』存亡の危機

地上げでもなく乗っ取りでもない。買取の要求からの…みかじめ料。重子の話と権田の話。どっちがメインなのか?それともダブルメインなのか?重子の調査力と大城の権田対応が、大城のみならず三郎の闇をさらすことになるのかな。今週は、実質三郎の週かな。ダ…

【ちむどんどん 】第81話 やっぱり矢作か…って酷い扱いを受ける矢作さん

矢作は良いとこなしじゃん。というか影が薄かったという意味では『フォンターナ』の従業員として温厚だった江川まで暴力を振るうキャラになっているし、ホント人間は誰でもクズであるということを徹底して描いている。これはブレない。 暴力的な格好の矢作と…

【初恋の悪魔】第3話 空き巣、万引、横領…の影に事後強盗

タイトルの「初恋」が、まずは鈴之助の星砂に対する思いだということで進むのかな。まあ、後々どんでん返し的なものがありそうだけれど。その意味では星砂の初恋が怪しい。 いきなりフラれるところから始まる悠日 それを突っ込む、星砂。どんな始まり方だよ…

【ちむどんどん 】賢秀は誰にも笑われない

寅さんと賢秀が似ている、オマージュか?と思ったりもするのだが、外形的というか行動の上っ面や外見は確かに似ているかなとは思う。妹に迷惑をかけるとか、啖呵切って出て行ってもまた戻ってくるとか…ただ、本質的なところで寅さんと違うので、厳しい。 賢…

【ちむどんどん 】第79話 直接対決だが重子はアウェイ

さあ、木曜日。対決のピークが微妙に過ぎ、解決のいとぐちがつかめそうなところに来ているのか…と思いきや、いきなりの茶番。長引かせずさっさと済ませた演出はオッと思うのだが…破茶滅茶すぎるだろ。 なんで勝手に食べちゃうかな 不幸中の幸いと言えない賢…

【ちむどんどん 】第78話 押売り作戦に疑問を持たない暢子

重子は旧来の価値観を押し付け、暢子は自分の価値観を押し付ける。これは新旧価値観の対立とは言えないので、観ていて違和感があるようになっている。単に、互いに歩み寄ろうとしない2人のチキンゲームになっているのだから。これが制作の意図であるとするな…

【ちむどんどん 】第77話 現実に会話が成り立たない

敵の敵は味方みたいな感覚で、和彦の母に声援を送る視聴者がいそうなところがこのドラマの新しさなのかもしれない。それにしても、これまでと全く趣が変わっていて、ストーブ前がどうのと言っていたドラマと同じドラマとは思えない。 重子「許しません。結婚…

【ちむどんどん 】第76話 全て薙ぎ払って、ドタバタ結婚コメディになった

予想通りと言うか、これまでの和彦と暢子の周りの恋愛絡みのあれこれは無かったことにしてきた。本当にミッションクリアしたら、前しか見ないドラマだ。ロールプレーイングゲームだね。 早速、親の許可を得ようとする暢子と和彦 特に暢子のスピード感怖い。…

【ちむどんどん 】第75回 後味の悪い沖縄週の結末

金曜日。今週は感動の沖縄週。しかし、『ちむどんどん 』は『ちむどんどん 』 だった。戦争中、逃げ惑う中、見知らぬ少女の手を離してしまった男の後悔の話と、暢子の手を握って離したくないと言う和彦のふざけた話を並べて描く感覚。もうわざとやってること…

【ちむどんどん 】第74回 優子の側の戦後の話

善三と優子の昔話は続くが、前回は賢三メイン、今回は優子メインの話だった。次回は金曜日、沖縄戦に絡む賢三と優子のエピソードは、明日、まとめになるのかな。これまでの週一ミッションと流れが異なる。 コーンビーフ1人1缶 家族の分まで幸せになってく…

【ちむどんどん 】第73回 本気出してきた

比嘉賢三と優子と、そして大城オーナーの戦争にまつわるエピソードが始まる。ちゃんとしたと言うとかなり失礼になる、どっしりとした構成。こういうのを待っていた。 真面目なテーマだから、これまでのような隙だらけ風の脚本、演出では済まされないのでガチ…

【ちむどんどん 】第72回 強引にシリアスモードへ

先週のことは全て忘れて、沖縄テーマのシリアス編開始。ゲーム攻略のように過去に全くとらわれないタイプの連続テレビ小説。角力大会とは何だったのか? 和彦に至っては、「いい目をしている」と言われるが、前日職場のデスクで死んだ目をしてたぞ。もう無茶…

【ちむどんどん 】第71回 居心地の悪いお膳立てで進む和彦の沖縄取材

暢子は、和彦が話しているにも関わらずタイムまでかけて、深夜に取るものもとりあえず慌ててやんばるに帰ったはずが、オープニングのナレーションで、賢秀と一緒に帰るまったりとしたお盆の帰省扱いにされてて、もう本当にぶっ飛んだ進行にするのかと清々し…

【ちむどんどん 】第70回 何もかも無茶苦茶な回

さすが『ちむどんどん 』の金曜日だけあるなという回。15分の間に起きた何もかもがおかしい。田良島さんのシーンだけがまともっぽくて、後は全て、言ってることもやってることもドラマとしての許容範囲を超えて意味がわからない状態。 前回から徹底して愚鈍…

【ちむどんどん 】第69回 物語は先には進んだ。しかし木曜なんだよな

過去2回優勝した智に対し互角に見えるような戦いを見せた和彦…からの、賢秀失恋。智も失恋とほぼ同じ感じ。走り去った智はどこへ行ったのだろう。『あまゆ』主人が話しまくったことにより、智のプロポーズが県人会の周知の事実になってしまっており、県人会…

【ちむどんどん 】第68回 愚者としての『あまゆ』店主順次

色々な話を、突然出してきてつまみ食いしては放り投げる芸風の『ちむどんどん 』。前回は再婚話デーのようで、まとめて放出、その間、『フォンターナ』と愛と和彦のいつ結婚するか問題は棚上げ。そして今回また、暢子、智を加えた四角関係が再開。何故この順…

【ちむどんどん】第67回 何もかも唐突すぎて…

今回はもう、何もかも唐突すぎて、訳がわからない。カエサルの「来た、見た、勝った」みたいなのだけを映像にしても、ドラマにはならないよぉ。このドラマでは、出来事をじっくり描かないのは意図的なようだが、何を狙っているのだろう。 唐突に出てきた青森…

【ちむどんどん】第66回 時間は流れていく

先週の終わりから少し時間が進んでいることを、暢子から比嘉家への手紙で視聴者へ知らせる。この進め方は良し。まあ、あの浜の話からこれまで何があったか気にはなるが。そして、今回も猛スピードで色々なことが消化不良気味に起こる。 歌子は発熱再開 幼稚…

【ちむどんどん】第65回 「これでおあいこ」の相手

第13週のサブタイトルが『黒砂糖のキッス』なのだけれど、前回の第64回までキスは無し。ということでこの第65回に有りました。これまでの仕事ミッションシリーズと異なり、恋愛系は、金曜日といっても、あまり解決らしい解決をせずに進行していくな。単に週…

【ちむどんどん】第63回 生理的に受け付けない気持ち悪い展開

良子の誠くん及び博夫との問題も、暢子の和彦との怪しい関係も、生理的に受け付けない気持ち悪い展開になってきた。これまでにない気持ち悪さを感じる。 良子が博夫の所へ行くが…博夫に謝ることはしない キャラの行動の意外性という意味で驚きの展開。良子は…

【ちむどんどん】第62回 結局、なんとかなるのがこのドラマ

ミッションの例によれば、まだまだピンチの初期段階のはずの火曜日なんだけど、何か怪しい。『フォンターナ』の3人退職騒動も、愛と暢子の和彦をめぐる問題も、すでに落ち着きを見せたかのようになってる。なんだこれは。そもそも週次ミッションに毒された感…

【ちむどんどん】第61回 愛に離脱する準備を始めさせた制作陣

恋患いの続き。暢子は罹患したてでボーッとしてるし、賢秀は後遺症でボーッとしている。 食べ物をどうしても粗末にしたいのか? 妹は鶏肉のディアボラ風を床に落とすし、兄は豚の飼料を地面にこぼしまくる。以前もトマトソースをぶちまけてるし、美味しくい…

【ちむどんどん 】名前についての多少の考察

『ちむどんどん 』では、登場人物の名前に意味があるのではとふと思ったので、雑ではあるが、思いつくところを挙げていく。 比嘉家 暢子 「暢」の字には、伸び伸びしたという意味があるので、それを願ってつけられた名前なのだろう。東京に来ても性格は変わ…

【ちむどんどん】第60回 ウワバミ兄妹により何も解決しない金曜日

さあ!金曜日だ!…って、金曜日に期待するってどんなドラマなんだろとは思うが、もはや、そう言うドラマとしか言いようがない。言いようがないのに、今週は何一つ金曜日に解決しない。これ、意外な展開って思えないのが辛い。 ただし、今週全体で考えると、…